アグモン坂本千夏、涙!デジモン声優陣が20年間をファンに感謝

せいぞろい!
せいぞろい!

 アニメシリーズ放送開始20周年を記念した映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』の公開記念舞台あいさつが22日、新宿バルト9で行われ、16名の声優陣と田口智久監督、アグモンとガブモンが来場。坂本千夏らデジモンと20年以上向き合ってきたボイスキャスト陣が、デジモンに対する思い、そしてファンへの感謝の思いをせつせつと語った。

【動画】めちゃエモい『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』予告編

 世界累計800万個以上の売り上げを記録した大ヒット携帯型ゲーム「デジタルモンスター」を原案とするアニメシリーズ「デジモンアドベンチャー」。1999年の劇場版公開と、テレビシリーズ放送開始20周年を記念した作品となる本作では、初めての冒険時に小学生だった主人公・太一が大学生へと成長。“大人”になる少し前の葛藤や決断を通して、デジモンとの深い絆を描く。

[PR]

 大勢の観客で埋まった劇場内を見渡したアグモン役の坂本は「皆さん、大変長らくお待たせしました。本当にわたしたち頑張りました。監督も頑張りました。こうやってお届けできる日がきてとてもうれしく思います」とあいさつ。ガブモン役の山口眞弓も「20年間みんな思い続けてきてくれた思いが具現化したのが、この作品であり、この舞台あいさつだと思うので。感謝しております」と続けた。

 この日はメンバー全員が集まる最初で最後の舞台あいさつとのことで、それぞれのキャストがファンへの感謝の気持ちをスピーチすることになった。まずテイルモン役の徳光由禾が「20年前に、今いるデジモンの皆さんで冒険が始まりました」と切り出すと、パタモン役の松本美和が「台本をいただいて、最初に読んだ時にグッとくるシーンが多くて。なかなか最後までたどり着けなかったです」とコメント。

 さらにパルモン役の山田きのこが「21年前にオーディションがあって。気楽に受けたのにまたやるとは思っていなかった」としみじみ続けると、ピヨモン役の重松花鳥が「先日、試写で完成した作品を観て。和田光司さんの(主題歌)『Butter-Fly』がきたり、随所に20年前のデジモンの曲があって。こだわりすぎだよというくらいに監督のこだわりがあって。今日観た皆さんも絶対にまた観るよね!」と会場に呼びかける。さらに竹内順子は自身が声を担ってきたゴマモンの口調で「(城戸)丈のパートナーでいるのはオイラだけ。後にも先にも過去にも未来にもオイラだけ!」とアピールし、会場を盛り上げた。

[PR]

 そして山口が「グッときたのが太一がホイッスルを吹くところで。あれを聞いた時に最初の映画を思い出しました。そして『Butter-Fly』がかかると一気にテンションがあがるんですよね。大人になっても音楽でワッとなれるのはすごく貴重なことだと思いますし。20年前には、こうやって20年後に続くとは思っていなかったので。信じていれば、希望を持っていれば次に続くのかなと。何度も観ていただければ、奇跡は起こるんじゃないかなと。わたしは信じています」と将来の希望を込めてコメント。

 イベントの最初の方から涙が止まらなかった様子の坂本は「早々に泣いてしまってごめんなさい」と笑いながら切り出すと、「みんなの話を聞いていると、ここまで一緒にきた人たちの思いを強く感じましたし。もともとデジモンを好きで観てくれていた選ばれし子どもたちの愛情の深さも今日、あらためて知ることができて。いいチームになって集まることができたことをうれしく思います。その姿を見届けてくれて感謝しています」とファンに向けて感謝の思いを述べた。(取材・文:壬生智裕)

『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』は全国公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]