実写『約束のネバーランド』ママ役は北川景子!クローネ役は渡辺直美

ママ役は北川景子!クローネ役は渡辺直美!
ママ役は北川景子!クローネ役は渡辺直美! - (C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気漫画を浜辺美波主演で実写化する映画『約束のネバーランド』(12月18日公開)で、北川景子が孤児院のママであるイザベラを、渡辺直美がシスターのクローネを演じていることが明らかになった。

孤児院の様子も…実写版『約束のネバーランド』フォトギャラリー

 原作は、白井カイウ出水ぽすかによるベストセラー漫画。孤児院のグレイス=フィールドハウスでママと呼ばれるイザベラのもと、幸せに暮らしていた子供たちが、鬼の食料として育てられてきたと知り、決死の脱出に挑む姿を描く。

[PR]

 天真爛漫な主人公のエマを浜辺美波、クールな少年・レイを城桧吏、理性的でリーダー格のノーマンを板垣李光人が演じ、平川雄一朗監督がメガホンを取ることが発表されていたが、新たに物語のカギを握る“飼育監”として、北川と渡辺の出演が明らかになった。

 エマたちが暮らすグレイス=フィールドの子供たちの最愛のママであり、高い知能を持った子供を育てるママ界のトップオブトップであるイザベラ役は北川。慈愛に満ちた理想的なママと、冷酷にエマたちを追い詰める鬼の手下という、衝撃的な二面性を持つイザベラを演じる北川は「原作ファンの方々も大変多くいらっしゃいますし、オファーをいただいた時は、私には難しいのではないかなという気持ちのほうが大きかったです。最終的には思い切ってお受けしようと決めました。私たちのイザベラとクローネをどうぞお楽しみに!」と語る。

 そして、イザベラの手下のシスターでありながら下克上を狙うクローネを演じるのが渡辺。過剰なほどの動作で原作でも異色キャラとして注目されていたクローネ役について「あの表情豊かなクローネを実写でしっかり表現できるように、監督と相談しながら全力でチャレンジしました! 北川さん演じるイザベラと一緒に、子供たちの前に立ちはだかる存在になりたいと思います」と意欲を見せている。

 また、エマ役の浜辺は「北川さんと渡辺さんが決まったとお聞きした時、エマ、レイ、ノーマンに立ちはだかる存在としては、これ以上ない二人だと思いました。エマとしても、読者としても、お二人がぴったり過ぎて幸せです」とコメントしている。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]