実写『約束のネバーランド』キャストなど映画最新情報【まとめ】

約束のネバーランド
(C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 異色の脱獄サスペンス作品として高い人気を誇るコミック「約束のネバーランド」が実写映画化され、12月18日に公開される。このページでは作品の最新情報を随時更新しながら紹介していく。(編集部・海江田宗)

ストーリー

約束のネバーランド
(C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 幸せに満ちあふれた楽園のような孤児院、「グレイス=フィールドハウス」。そこで暮らす孤児たちは、母親代わりでみんなから“ママ”と呼ばれているイザベラ(北川景子)のもと、里親に引き取られる年齢になる日を待ちわびていた。エマ(浜辺美波)、レイ(城桧吏)、ノーマン(板垣李光人)の3人も、いつか外の世界で暮らすことで、より幸せな日々がやってくると信じていた。“その日”がくるまでは……。

 里親が見つかり、孤児院を笑顔で後にするコニーを見送ったエマとノーマンは、彼女が肌身離さず抱きしめていた人形が、食堂に落ちているのを偶然見つける。忘れ物の人形を届けるため、決して近づいてはいけないとママから教わっていた「門」に向かった2人がそこで目にしたのは、無残にも命を奪われ、食料として出荷されるコニーの姿だった。

 そう、みんなが「楽園だと信じていた孤児院」は、実は「鬼に献上する食用児を育てる農園」で、さらには母親のように慕っていたママは「最上級の食用児を育てる飼育監」だったのだ。

 すべてが偽りだったと気がついた3人は、孤児たち全員を引き連れた、無謀ともいえる脱獄計画をスタートさせる……。

[PR]

実写版のキャスト陣

約束のネバーランド
(C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

◆エマ:浜辺美波◆

約束のネバーランド
(C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 天真爛漫で誰よりも真っすぐな性格の主人公エマを演じるのは、数々のドラマ・映画に出演し、成長著しい若手女優として知られる浜辺美波。浜辺は「私と同じように原作を愛する方々の想像を超える“ネバーランド”に、皆さまを導けるよう全力を尽くします」と実写化の発表の際にコメントしていた。

◆レイ:城桧吏◆

約束のネバーランド
(C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 現実主義でクールな少年レイ役はカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督の『万引き家族』に出演していた城桧吏。城は今夏に公開される『都会のトム&ソーヤ』(河合勇人監督)で映画初主演を飾ることが決まっており、話題作への出演が多数控えている。「(レイは)自分にはない部分が多いので、よりレイに近づけるように大人の人と話す機会を作ったり、監督から教えてもらった作品を観たりなど、色々な準備をしながら学んできました。とても素敵な映画になると思っています」

◆ノーマン:板垣李光人◆

約束のネバーランド
(C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 「仮面ライダージオウ」などの板垣李光人が理性的でリーダー格の少年ノーマン役を担当する。板垣は「自分がやるべきことは2つ。原作を愛しておられるみなさまに最上級(フルスコア)なものをお届けできるよう頑張ること。GF(グレイスフィールド)のみんなを心から愛して脱獄に導くこと」と語っている。

◆イザベラ:北川景子◆

約束のネバーランド
(C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 孤児院の子どもたちの理想的なママ、冷酷かつ無慈悲な鬼の手下という二面性を持つイザベラ役はオファーを受けるかギリギリまで悩んだという北川景子。「以前一度ご一緒した平川(雄一朗)監督とまた現場を踏んでみたいという思いと、イザベラの年齢設定やキャラクターふくめ原作の設定を一つも変えないという確約をいただけましたので、思い切ってお受けしようと決めました」

◆クローネ:渡辺直美

約束のネバーランド
(C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 イザベラの手下のシスターで下克上を狙うクローネ役の渡辺直美は「表情や感情が豊かなクローネを実写でしっかり表現できるように、監督と相談しながら全力でチャレンジしました!(中略)北川さん演じるイザベラと一緒に、子どもたちの前に立ちはだかる存在になりたいと思います」とコメント。

約束のネバーランド
(C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会
[PR]

出荷される年齢が12歳から16歳に変更

約束のネバーランド
(C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 原作・白井カイウ、作画・出水ぽすかによるコミックは「孤児院で幸せに育てられていた子どもたちは、実は“食用児”として鬼に献上されるために飼育されていた」という衝撃的な導入で始まる。

約束のネバーランド
原作1巻の書影 - (C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社

 原作では孤児たちが出荷される年齢が12歳だったが、映画版では16歳に引き上げられている。

2019年夏に撮影

約束のネバーランド
(C) 白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C) 2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 撮影は2019年8月~9月に東京都内、長野県、山梨県、福島県ほかで敢行された。監督を務めたのは『ツナグ』『僕だけがいない街』などの平川雄一朗監督。脚本を『神様のカルテ』『僕だけがいない街』などの後藤法子が担い、『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』『帝一の國』を手がけた村瀬健がプロデュースを担当している。主題歌はずっと真夜中でいいのに。の書き下ろし楽曲「正しくなれない」。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]