「仮面ライダージオウ」続編をゲイツ・押田岳たちが考案!?

『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』キャスト&監督
『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』キャスト&監督

 俳優の押田岳が28日、新宿バルト9で行われた映画『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』公開記念舞台あいさつに登壇し、「どんな続編を観たいか」という話で盛り上がった。この日は大幡しえり板垣李光人紺野彩夏兼崎健太郎諸田敏監督、そしてサプライズゲストとして奥野壮も来場した。

【写真】ツクヨミ役大幡しえりがショートカットに!

 特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」最終話のアフターストーリーとなる本作では、普通の高校生に戻った仮面ライダーゲイツこと明光院ゲイツ(押田)が、再びライダーに変身し戦いに身を投じるさまが描かれる。諸田監督は「普通の高校生が変身する物語なので、ゲイツは最後に変身すればいいじゃないかと。その間はレジェンドたちの活躍を見せるようにしました。ゲイツは彼らの背中を見ていることを気にして撮っていました」と撮影を振り返る。

[PR]

 さらに歴代平成2号ライダーの意志を受け継いで戦うゲイツという役柄へのプレッシャーについて、「テレビシリーズで、レジェンドのみなさんから(歴代の平成仮面ライダーたちの力を持つアイテム)ウォッチを受け取ってきたわけですけど、それはライダーの卒業式になるんだということを、仮面ライダー鎧武の佐野岳さんが言っていて。その力を受け継いでいくという重みを感じて、芝居をしていました。やはり平成を締めくくる仮面ライダーにふさわしい役者になれたら」と誇らしげに語る押田。しかし、すかさず奥野が「でも、その話をされたのは俺なんだけどね」とちゃちゃを入れると、押田も照れくさそうに「そうなんです」と白状するなど、会場は大いに盛り上がった。

 新たな世界では以前の記憶を眠らせた彼らが、ごく普通の高校生として生活。ゲイツ、ツクヨミ、オーラによるほのかな恋模様も展開。大幡が「ジオウでは恋愛のエピソードがなかったので、楽しみでした。でもウールもオーラが好きみたいだから、四角関係かな。恋愛エピソードが多くて、お芝居が楽しかったです」と笑顔を浮かべ、紺野も「1年ちょっと強い役だったので、急にガラッと可愛い子に変わることに戸惑いました。ゲイツに恋しているオーラちゃんがすごく難しくて。とりあえず(テレビシリーズの記憶を)一回忘れようとしましたね」と明かし、会場を沸かせた。

[PR]

 そして、「仮に続編があるとしたらどんな作品が観たい?」と質問された登壇者たち。奥野の「ゲイツ・ツクヨミのダブル主演で未来編・レジスタンス編が観たい」という発言に会場から拍手が。押田は「非公式ですけど、スウォルツの体育教師説があったので、それを観たい」とコメントし、会場はクスクス笑い。さらに板垣が「タイムジャッカーも謎が多かったから、そこは気になる」と続けると、兼崎が「今回の恋愛ものが今後がどうなるか気になる。濃くてギトギトしたやつがみたい」と笑ってみせた。

 大幡の「今日は(ウォズ役の)渡邊圭祐さんはいないんですけど、学生服か先生かわからないですが、渡邊さんにも学園生活を送る芝居をやってもらいたい」という回答に、諸田監督は「僕はこの話の続きの方が気になりますね。ゲイツは記憶を思い出したんで、記憶が2つある生活をこれから送っていかなきゃいけないわけですよ。それってめちゃくちゃキツくないですか。ウォズあたりに愚痴ってそうなんで、それを撮りたいですね」と興味を示していた。(取材・文:壬生智裕)

映画『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]