「スカーレット」武志に異変が忍び寄る…22週のあらすじ

武志(伊藤健太郎)も新たな挑戦
武志(伊藤健太郎)も新たな挑戦 - 提供:NHK

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土、総合・午前8時~ほか)が3月2日から22週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

3人の団らん風景がうれしい…【画像】

 「スカーレット」は焼き物の里として知られる滋賀の信楽を舞台に、ヒロインの喜美子(戸田恵梨香)が陶芸の世界で奮闘していく物語。3月2日からは第22週「いとおしい時間」に突入する。

[PR]

 信作(林遣都)から頼まれて、観光客向けの陶芸教室を開くことになった喜美子。息子の武志(伊藤健太郎)は亜鉛結晶を用いた作品に挑戦することに。そんななか喜美子は、照子(大島優子)が夫の敏春(本田大輔)のことで病院に行くのに付き合い、医師である大崎(稲垣吾郎)を見かける。

 陶芸教室を通じて、初心者に陶芸に親しんでもらうことにやりがいを感じた喜美子は、子どもを含めた地元の人たちにも楽しんでもらおうと考える。喜美子は改めて陶芸教室を自分で企画し、八郎(松下洸平)にうきうきと計画を話す。

 一方、作品を無事に完成させ、陶芸の次世代展に応募した武志だが、体調に不安を感じる。喜美子は武志から大きな病院での検査の必要があると聞かされ、二人で病院に足を運ぶと、担当は大崎医師だった。検査の結果、武志が命にかかわる病気にかかっていることが判明し、喜美子は武志に病名を告知するか悩む。普段どおりに振る舞おうとする喜美子だが、ついに照子の前で……。

 連続テレビ小説101作目となる「スカーレット」。第21週は特別編として、信作と百合子(福田麻由子)の夫婦の物語が描かれた。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]