「ノイタミナ」ファン投票企画の1位発表 TAAF2020上映は中止

「東京アニメアワードフェスティバル2020」ノイタミナ15周年企画の結果が発表
「東京アニメアワードフェスティバル2020」ノイタミナ15周年企画の結果が発表 - (C)TAAFEC. All Rights Reserved.

 国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2020」(TAAF2020)は2日、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」の15周年を記念して実施したファン投票企画「“ノイタミナ”15周年記念プログラム ~あなたが選ぶ思い出の3作品~」の結果を公式サイトで発表した。

 15年にわたる「ノイタミナ」の全放送作品を5年度毎に区切り、ファンが「もう一番見たい!」と思う作品に投票した今回の企画。その結果、「ハチミツとクローバー」「のだめカンタービレ」「もやしもん」などが放送された2005~2009年度は「モノノ怪」、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」「テルマエ・ロマエ」などが放送された2010~2014年度は「PSYCHO-PASS サイコパス」、「バッテリー」「約束のネバーランド」などが放送された2015~2019年度は「BANANA FISH」がそれぞれ1位に選ばれた。

 TAAF2020では、1位の3作品から選ばれた1エピソードを15日に池袋で上映する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、3月13日から16日に予定されていた全プログラムが中止となった。公式サイトでは「健康および安全を最優先に考慮し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を収束するべく、このような判断とさせていただきました。誠に申し訳ありませんが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします」としている。(編集部・入倉功一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]