『新聞記者』シム・ウンギョン号泣!最優秀主演女優賞に輝く

第43回日本アカデミー賞

シム・ウンギョン
シム・ウンギョン - (C) 日本アカデミー賞協会

 第43回日本アカデミー賞授賞式が6日、グランドプリンスホテル新高輪で行われ、女優のシム・ウンギョン(25)が、映画『新聞記者』で最優秀主演女優賞に輝いた。ウンギョンは壇上で大粒の涙をこぼした。

韓国の実力派!シム・ウンギョンが号泣【写真】

 韓国の実力派女優ウンギョンは、東京新聞記者・望月衣塑子の著書を原案にした『新聞記者』で、国家の闇を追う記者を好演。彼女にとって、今回が日本アカデミー賞での初受賞にして、初の最優秀主演女優賞獲得となった。

[PR]

 名前を呼ばれ、驚きの表情を浮かべたウンギョン。「(受賞するとは)全然思わなかったので、全然準備をしていませんでした。ごめんなさい。本当にありがとうございます」と感極まった様子でコメント。本作で共演した松坂桃李に向けても感謝の言葉を述べつつ、「これからも頑張って活動します。本当に今日はありがとうございます」と続けた。

 2014年に公開された韓国の大ヒット映画『怪しい彼女』に主演したことで知られるウンギョン。『新聞記者』のほかにも、『ブルーアワーにぶっ飛ばす』や『架空OL日記』に出演するなど、日本映画界でも活躍している。

 同部門ではほかに、『翔んで埼玉』の二階堂ふみ、『蜜蜂と遠雷』の松岡茉優、『人間失格 太宰治と3人の女たち』の宮沢りえ、『最高の人生の見つけ方』の吉永小百合が優秀賞を受賞した。

 なお、今年の日本アカデミー賞授賞式は新型コロナウィルス感染予防の観点から一般観客の観覧を取り止め、報道各社の取材も中止するなど、例年より規模を縮小して開催された。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]