BLコミック「Life 線上の僕ら」実写ドラマ化!主演は白洲迅

楽駆と白洲迅
楽駆と白洲迅 - (C) 「Life 線上の僕ら」製作委員会 (C) 常倉三矢/芳文社

 BLコミック「Life 線上の僕ら」が白洲迅(しらす じん)主演で実写ドラマ化されることが決定した。6月19日より、Rakuten TV とビデオマーケットにて先行配信スタートとなる。

顔を近づける白洲迅と楽駆…ドラマ「Life 線上の僕ら」場面カット

 本作は、ちるちるBLアワード2018「BESTコミック部門」で1位、「このBLがやばい!2018年度版」で4位にランクインしたコミック「Life 線上の僕ら」の実写ドラマ化したもの。高校生の晃と夕希は、下校途中の一人遊び「白線ゲーム」で偶然出会い、白線の上だけの逢瀬にもどかしさを覚えた晃は、夕希へキスしてしまう。高校生から大学生、そして社会人と2人の男の人生を純粋に描く。

[PR]

 白洲は、親が望む普通のレールに乗り、失敗を怖がり慎重になりすぎる性格の晃を演じる。晃と白線の上で出会い、天真爛漫な性格で晃を振り回す夕希役を映画『最初の晩餐』で第34回高崎映画祭で最優秀新人男優賞を受賞した楽駆(らいく)が務める。

 白洲は、「この作品は、2人の男の純粋な恋愛物語であり、そしてその先にある人生を描いた作品だと思っています。人生を表現するという、とても大きな挑戦をさせていただいて感謝しています」と意気込み、一方の楽駆は「この作品は人と人の純愛物語です。同性である晃への愛も“普遍的な愛”として表現できることが嬉しかったですし、自分にとって挑戦できる作品になると思いました」とコメントを寄せている。(編集部・梅山富美子)

ドラマ「Life 線上の僕ら」6月19日より Rakuten TV とビデオマーケットにて先行配信

コメント全文

■白洲迅
主演としてこの作品に挑戦できることを、とても嬉しく思いました。失敗しないように、常に先を見据えて立ち回る。でも考えるからこそ、行動するのが怖くなる。本当の自分はどうしたいのか。そこに苦悩する伊東晃に、ものすごく人間臭いなぁと、共感しながら演じていました。現場では、西夕希という役を通した楽駆くんが、常にそばにいて、明るく盛り上げてくれたのが印象的です。とても救われました。この作品は、2人の男の純粋な恋愛物語であり、そしてその先にある人生を描いた作品だと思っています。人生を表現するという、とても大きな挑戦をさせていただいて感謝しています。ご覧になってくださる方々、それぞれの心のフィルターを通り抜けたときに、何か湧き上がるものがそこに生まれてくれたら、とても嬉しいです。

■楽駆
出演が決まったときは、純粋に嬉しかったです。原作を読んで一生を描いている同性愛の漫画はなかなかなく、珍しくて、それ以上に常倉先生の想いがひしひしと伝わってきました。僕が演じる西夕希はまっすぐで天真爛漫。性別や年齢関係なく、すべての人と平等に接するし、それが歳をとっても変わらない人。
西を演じてみて、僕も人への接し方、関わり方が少し変わりました。西夕希を演じることができて本当に幸せでした。この作品は人と人の純愛物語です。同性である晃への愛も“普遍的な愛”として表現できることが嬉しかったですし、自分にとって挑戦できる作品になると思いました。白洲迅くんは年齢も上ですし、役者としても先輩ですが現場では僕が演じやすいような空気を作ってくださって本当に感謝しています。キャスト、スタッフの方々の想いが詰まった作品です。ぜひ、観てください。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]