「テセウスの船」最終回、まさかの黒幕に驚きの声!

竹内涼真(今年1月撮影)
竹内涼真(今年1月撮影)

 竹内涼真が主演を務めたTBS系の人気ドラマ「テセウスの船」が22日、最終回を迎え、反響を呼んでいる。(以下、ネタバレあり)

【写真】制作発表時のキャストたち

 本作は、平成元年に起きた謎の連続毒殺事件の犯人として逮捕された警察官・佐野文吾(鈴木亮平)の息子として生まれた主人公・田村心(竹内)が、事件当時にタイムスリップし、真相を突き止めようとするミステリー。これまでの放送では、小学生の加藤みきお(柴崎楓雅)が真犯人だったこと、さらにはみきおに共犯者がいることが明らかになっていた。

[PR]

 最終回では、犯人におびき寄せられ、姿を消した心(竹内)を追って家を出た文吾(鈴木)の前についに黒幕が出現。その正体は、体の不自由な父親の介護のため、村に戻って来ていた田中正志(せいや)だった。12年前、村まつりで出たきのこ汁にあたって死者が出る事件が起きた。そのきのこ汁に間違って毒きのこを入れてしまい、逮捕されたのが正志の母で、正志は当時、事件を担当していた文吾を逆恨みしていたのだ。

 並み居るキャスト陣の中で、黒幕役を担ったのはお笑いコンビ・霜降り明星のせいやで、ネット上では「犯人まさかすぎ」「真犯人せいやかい!」「意外だった」といった声が続々。鬼の形相で文吾に詰め寄るせいやの鬼気迫る熱演に驚いた人も多いようだ。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]