「24」主演俳優の母親シャーリー・ダグラスさん死去 『ロリータ』『戦慄の絆』など

ご冥福をお祈りいたします - シャーリー・ダグラスさん(左)と息子キーファー・サザーランドさん(右)
ご冥福をお祈りいたします - シャーリー・ダグラスさん(左)と息子キーファー・サザーランドさん(右) - Pimentel / Getty Images

 ドラマ「24 TWENTY FOUR」の主人公ジャック・バウアー役で知られるキーファー・サザーランドさんの母親で、女優のシャーリー・ダグラスさんが肺炎に伴う合併症のため死去した。86歳だった。キーファーさんが現地時間5日、自身のTwitterで明かした。

「24」日本版ジャック・バウアー!唐沢寿明ふんする主人公【画像】

 シャーリーさんは、1934年カナダ・サスカチュワン州生まれ。ロンドンの王立演劇学校(RADA)を卒業した後、スタンリー・キューブリック監督作『ロリータ』(1961)や、デヴィッド・クローネンバーグ監督のサスペンス映画『戦慄の絆』(1988)などの作品に出演。私生活では、1966年に俳優ドナルド・サザーランドさんと結婚し、1971年に離婚。二人の間には、キーファーさんとプロダクションマネージャーとして活躍するレイチェルさんの双子がいる。

[PR]

 キーファーさんはTwitterで「今朝、私の母が肺炎に伴う合併症のため亡くなりました」と報告。現在世界中で感染拡大している、新型コロナウイルスによる肺炎ではないと補足している。

 「私の母は素晴らしい人生を送った偉大な人です。悲しいことに、母は長きにわたり病気を闘っており、私たち家族もこの日が来ることは覚悟していました」とつづったキーファーさん。新型コロナで愛する人を失ってしまった世界中の家族に向けて、「胸が張り裂ける気持ちです。どうかお気をつけて」と呼び掛けた。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]