吉沢亮の切ない涙…『青くて痛くて脆い』新映像!森七菜ら追加キャストも発表

吉沢亮&杉咲花『青くて痛くて脆い』特報映像 » 動画の詳細

 吉沢亮杉咲花がダブル主演を務める映画『青くて痛くて脆い』より特報映像が新たに公開された。吉沢の涙を流す切ない演技などが切り取られている。

この青春の嘘を見破れるか?『青くて痛くて脆い』特報映像

 「君の膵臓をたべたい」などで知られる住野よるの同名小説を実写映画化する本作。ひとりぼっち同士の大学生の田端楓(吉沢)と秋好寿乃(杉咲)は、世界を変えるという目標を掲げる秘密結社サークル「モアイ」を結成するも、秋好はこの世を去ってしまう。就活サークルに成り下がってしまったモアイを奪還し、秋好が叶えたかった夢を取り戻すべく、楓は仲間たちと手を組む。

[PR]

 今回公開された特報映像は、主人公の楓が涙を流している切ない場面からスタート。続けて、秋好のはじけるような笑顔や二人の仲睦まじい様子、そして嘘と悪意にまみれながら復讐に身を投じていく楓たちの姿が映し出されていく。

 あわせて追加キャストも発表となった。楓のバイト仲間でモアイ奪還の手助けをする前川董介を岡山天音、董介のゼミの後輩でモアイの幽霊部員・本田朝美(ポン)を松本穂香、モアイの幹部を務める天野巧(テン)を清水尋也、楓と秋好がモアイの活動をしていた時に知り合った不登校の少女・西山瑞希を森七菜が演じる。

青くて痛くて脆い
追加キャストたち - (C) 2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会

 また、楓のバイトの後輩でモアイに加入する川原理沙役を昨年「ポカリスエット」のCMに抜てきされた茅島みずき、瑞希の学校の担任の大橋役を光石研、モアイを外部者として支援して発展に寄与した脇坂役を柄本佑が務める。

 さらに、主題歌として4人組のロックバンド BLUE ENCOUNT の「ユメミグサ」が使用されることも決定。原作小説では彼らの「もっと光を」がテーマソングとして用いられていたが、映画でも原作者の住野たっての希望で主題歌を担当することに。なお、今回の特報映像には楽曲は収められていない。(編集部・大内啓輔)

映画『青くて痛くて脆い』は8月28日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]