ティモシー・シャラメ主演『DUNE』ビジュアルが初公開

『デューン(原題) / DUNE』公式Instagramスクリーンショット
『デューン(原題) / DUNE』公式Instagramスクリーンショット

 作家フランク・ハーバートのSF小説「デューン 砂の惑星」をティモシー・シャラメ主演で実写化する『デューン(原題) / DUNE』のファーストカットが公式Instagramで公開された。

リンチ版の「デューン」

 「デューン 砂の惑星」は、遥か未来、巨大な虫が支配する過酷な砂漠の惑星アラキス(通称・デューン)を舞台に起きる、革命の戦いを描いた壮大なSF叙事詩。『ブレードランナー2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンを取り、シャラメは、1984年にデヴィッド・リンチ監督が発表した映画版でカイル・マクラクランが演じた主人公ポール・アトレイデス役を務める。

[PR]

  ビジュアルを独占で初公開した Vanity Fair によると、このカットは、故郷の惑星カラダンに佇むポールの姿を捉えたもの。主演のシャラメはポールについて「何より惹きつけられたのは、壮大で緻密に構築された世界において、ある種のアンチヒーローとして旅をする主人公である点なんだ」と語っている。同サイトでは、明日以降にさらなるカットを公開する予定だという。

 同作にはそのほか、オスカー・アイザックジェイソン・モモアジョシュ・ブローリンレベッカ・ファーガソンゼンデイヤデイヴ・バウティスタハビエル・バルデムらが出演。2020年12月8日の全米公開を予定している。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]