『リトル・マーメイド』『ライオン・キング』のアニメーター、新型コロナで死去

ご冥福をお祈りいたします - 映画『リトル・マーメイド/人魚姫』より
ご冥福をお祈りいたします - 映画『リトル・マーメイド/人魚姫』より - Buena Vista Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ディズニーのアニメーターとして映画『リトル・マーメイド/人魚姫』など数々の名作に携わってきたアン・サリヴァンさんが現地時間13日、新型コロナウイルスによる合併症で死去した。91歳だった。Deadlineなどが報じた。

【画像】実写化もされる『リトル・マーメイド/人魚姫』

 アンさんは、ロサンゼルス・ウッドランドヒルズにあるモーションピクチャー&テレビジョン基金の介護施設で死去。同施設での新型コロナによる死者は、俳優のアレン・ガーフィールドさんらに次いで3人目となった。現在、入居者の13人が新型コロナ陽性(10人は施設で隔離、3人は病院へ搬送)で、介護士などスタッフ8人も陽性となっている。

 アンさんは1950年代にウォルト・ディズニー・カンパニーのアニメーション・ペイント部門に入社。4人の子供たちの母親になるなど休業を挟みつつも再びディズニーに戻り、『リトル・マーメイド/人魚姫』(1989)、『ライオン・キング』(1994)、『ポカホンタス』(1995)、『ヘラクレス』(1997)、『リロ&スティッチ』(2002)をはじめ数々の作品を手掛けてきた。(編集部・市川遥)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]