TOHOシネマズ、22日より新たに23館の営業再開へ

画像はイメージです
画像はイメージです - iStock / Getty Images

 TOHOシネマズは一部自治体による映画館に対する休業要請の解除を受け、22日より新たに全国23館の劇場で営業を再開することを発表した。

 同グループは、15日からTOHOシネマズおいらせ下田(青森県)、TOHOシネマズ仙台(宮城県)、TOHOシネマズ宇都宮(栃木県)、TOHOシネマズ浜松(静岡県)、TOHOシネマズサンストリート浜北(静岡県)、TOHOシネマズららぽーと磐田(静岡県)、TOHOシネマズ新居浜(愛媛県)、TOHOシネマズ高知(高知県)、TOHOシネマズ長崎(長崎県)、TOHOシネマズ与次郎(鹿児島県)が営業を再開。22日からは下記の劇場が営業を再開する。

TOHOシネマズ秋田(秋田県)
TOHOシネマズひたちなか(茨城県)
TOHOシネマズ水戸内原(茨城県)
TOHOシネマズ上田(長野県)
TOHOシネマズ名古屋ベイシティ(愛知県)
TOHOシネマズ津島(愛知県)
TOHOシネマズ東浦(愛知県)
TOHOシネマズ木曽川(愛知県)
TOHOシネマズ赤池(愛知県)
TOHOシネマズ岐阜(岐阜県)
TOHOシネマズモレラ岐阜(岐阜県)
TOHOシネマズファボーレ富山(富山県)
TOHOシネマズ高岡(富山県)
TOHOシネマズ橿原(奈良県)
TOHOシネマズ岡南(岡山県)
TOHOシネマズ天神・ソラリア館(福岡県)
TOHOシネマズ直方(福岡県)
TOHOシネマズ福津(福岡県)
TOHOシネマズ大分わさだ(大分県)
TOHOシネマズ光の森(熊本県)
TOHOシネマズはません(熊本県)
TOHOシネマズ宇城(熊本県)
TOHOシネマズ熊本サクラマチ(熊本県)

[PR]

 営業再開に際して、感染予防措置として出勤時の体温検査など、従業員への健康管理を実施。下記のような館内衛生の維持に努めていくとしている。

・全従業員のマスク着用
・一部従業員のゴム手袋の着用
・従業員の手洗い、手指消毒、うがいの徹底
・飛沫感染防止用ビニールシート、もしくは衝立の設置
・劇場入口・ロビーなどに消毒液を設置
・スクリーン内ご入場時のペーパータオル、消毒液の設置(お座席のひじ掛けなどの消毒にご使用ください)
・自動券売機、vit、扉、手すり、トイレなど、お客様の手が触れる箇所の消毒・清掃の強化
・混雑緩和のため、会計のスムーズなキャッシュレス決済を推奨いたします
・館内換気の強化
・トイレのハンドドライヤー使用中止
・釣銭は手渡しを行わず、キャッシュトレーに置かせていただきます
・ご入場時のチケットは、お受け取りせず、目視のみで確認させていただきます

 来場者には以下のような呼びかけを行なっている。

・ご来館前に、検温など体調管理のご協力をお願いいたします
・発熱、咳などの症状がある場合は、体調を最優先いただき、ご来場を控えていただきますようお願いいたします
・ご来場の際は、マスクの着用をお願いいたします
・手洗いや備え付けの消毒液のご使用、咳エチケットのご協力をお願いいたします
・整列時や入退館時のソーシャルディスタンスの確保など、感染予防および拡散防止に可能な限りご配慮ください
・過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域に訪問歴がある場合は、ご来場を控えていただきますようお願いいたします

 劇場運用については、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保、座席指定券の事前販売の一時休止、レイトショー上映の休止など、一部運用を変更する。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]