京都のミニシアター「舞鶴八千代館」22日より営業再開

「舞鶴八千代館」外観(劇場提供)
「舞鶴八千代館」外観(劇場提供)

 京都府舞鶴市のミニシアター「舞鶴八千代館」が、5月22日より営業を再開する。

 昭和13年に映画専門館として開館した舞鶴八千代館は、3つのスクリーンを持つ老舗の映画館で、話題作やファミリー層で楽しめる作品を上映している。新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業要請発令を受け、4月18日から一時休館となっていた。

舞鶴八千代館
ソーシャルディスタンス確保のため、座席数を減らす(劇場提供)

 営業再開にあたり、劇場では新型コロナウイルス感染予防対策を実施。ソーシャルディスタンス確保のために座席の間隔を空ける、来場者のマスク着用、手指のアルコール消毒、体調不良を訴える人の鑑賞をお断りするといった取り組みを行っていく。

 22日から28日までは、『弥生、三月 君を愛した30年』『星屑の町』『ジュディ 虹の彼方に』『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』『劇場版 SHIROBAKO』『犬鳴村』『パラサイト 半地下の家族』を上映する。(編集部・倉本拓弥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]