堤真一×石田ゆり子『望み』10月公開 岡田健史ら追加キャスト発表

『望み』ティザービジュアル 配給:KADOKAWA
『望み』ティザービジュアル 配給:KADOKAWA - (C)2020「望み」製作委員会

 『人魚の眠る家』『十二人の死にたい子どもたち』の堤幸彦監督が、雫井脩介の小説「望み」を映画化する『望み』の公開が10月に決定。併せて6名の追加キャストが発表され、ドラマ「中学聖日記」などの岡田健史が同級生殺害の関与を疑われるキーパーソンを演じることが明らかになった。その他キャストに清原果耶松田翔太加藤雅也市毛良枝竜雷太ら。

【写真】雫井脩介原作×沢尻エリカ主演の2007年の映画

 本作は、「犯人に告ぐ」「検察側の罪人」など映像化が相次ぐ雫井脩介の、累計発行部数16万部を更新中の同名小説を原作としたサスペンス。自らデザインした優雅な邸宅で、妻・貴代美(石田ゆり子)や子供たちと幸せに暮らしていた一級建築士の石川一登(堤真一)が、息子の同級生が殺害された事件を機に人生が一変していく。

[PR]
望み
上段左から時計回りに清原果耶、岡田健史、松田翔太、市毛良枝、竜雷太、加藤雅也

 岡田が演じるのは、石川家の長男・規士。無断外泊をした夜、同級生が殺害される事件が発生し、連絡が途絶えた規士は事件への関与を疑われることに。しかし、もう一人殺されているという噂が流れたことから被害者である可能性が生じていく。ドラマ「中学聖日記」でデビューして以来快進撃が続き、キーパーソンに抜擢された岡田は、以下のようにコメントを寄せている。

 「実は『望み』に関しては原作から読ませて頂いていてこの作品の大ファンでした。その作品の映画化に関われたことを心から感謝しております。規士を演じた僕が現時点で語れることはかなり限られていますので、皆様にはこれだけ伝えさせて頂きます。是非、劇場で観てください。愛とは、親子とは、人とは、いろんな事を考えさせられる作品です。たとえ、親子であっても子供は親の所有物ではない。人は孤独でしかない。その中で互いを愛し、愛され合うという儚さ、愛おしさを感じて頂けたら幸いです」

[PR]

 そんな規士を心配する妹で長女の雅役に、『護られなかった者たちへ』『砕け散るところを見せてあげる』などの新作映画が待機中の清原果耶。事件の真相を暴くため、石川家に巧みに入り込み独自の取材を進める記者・内藤役に、堤監督と映画『イニシエーション・ラブ』やドラマ「SPECサーガ完結篇」などで組んできた松田翔太。事件を捜査する刑事・寺沼に加藤雅也、貴代美の母・扶美子に市毛良枝、一登の取引先である建設会社の社長・高山役に堤作品常連の竜雷太。

 ティザービジュアルは、石川家のポートレイト風のデザイン。父母、長女が微笑むなか、長男だけが下をうつむいており、不穏なムードを醸し出している。(編集部・石井百合子)

映画『望み』は10月全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]