ADVERTISEMENT

恋人の養女と結婚したウディ・アレン、関係を釈明

ウディ・アレンと妻のスン=イー・プレヴィン
ウディ・アレンと妻のスン=イー・プレヴィン

 映画『アニー・ホール』『ミッドナイト・イン・パリ』などの監督ウディ・アレン(84)が、1997年に結婚した妻のスン=イー・プレヴィン(49)との関係を釈明した。

【動画】ウディ・アレン新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』予告編

 スン=イーは、ウディが当時交際していた女優ミア・ファローの養女。スン=イーとウディの関係が男女のものとなったのはスン=イー21歳、ウディ56歳の時だ。ウディは二人の関係が「搾取的なもの」に見えるであろうことは認めながらも、「決してそういうものではなかった」と The Mail on Sunday's Event Magazine に主張した。

ADVERTISEMENT

 「うわべだけ見れば、分別のない組み合わせに思われるだろう。僕は彼女よりずっと年上で、彼女は養女だったのだから。僕が年上の男として彼女を食い物にし、彼女も何らかの形で僕を利用したように見えるかもしれないが、それは違う」「過去の僕はいつも女優たちと付き合っていたが、不可解な理由で、スン=イーとは上手くいったんだ」

 「僕はいつだって“ほとんどの関係は上手くいかない”と考えていた。だから人々は不倫をするのだと。だが、人は結婚して、離婚して、結婚して、離婚することができるし、56人と付き合うこともできる。そしてもしあなたが幸運な人だったら、相応しい人を見つけることができるかもしれない。それこそ僕に起きたことなんだ」

 ウディには、ミアとの間に迎えた養女ディラン・ファローさんへの性的虐待疑惑も持ち上がっていた。しかしウディは、もしそれが事実だったなら、スン=イーと自分は2人の養子、ベシェ(22)とマンジー(20)をとることはできなかったと主張する。「もし当局が問題があると考えれば、養子を許可したりはしない。そういうプロセスなんだ。毎回、徹底的に調査を受けることになる」(BANG Media International)

ウディ・アレン監督×ティモシー・シャラメ『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT