神保町・岩波ホール、6月13日再開「岩波ホールセレクション」で過去ヒット作上映

13日から上映される『オレンジと太陽』
13日から上映される『オレンジと太陽』 - (C)Sixteen Midlands (Oranges) Limited/See-Saw (Oranges) Pty Ltd/Screen Australia/Screen NSW/South Australian Film Corporation 2010

 新型コロナウイルスの感染拡大により2月下旬から休館していた、東京・千代田区神田神保町の映画館「岩波ホール」が、6月13日より映画上映を再開すると発表した。

 1968年に多目的ホールとして開館し、1974年から世界の埋もれた名作を上映し続けている、ミニシアターの先駆け的な存在。新型コロナの影響で長らく休館していたが、過去のヒット作を10週間にわたって連続上映する「岩波ホールセレクション」と共に再開する。

 セレクションの第1弾として、6月13日から19日まで『オレンジと太陽』(2010)、6月20日から26日まで『パプーシャの黒い瞳』(2013)を上映。そのほかの上映作品は順次発表予定となっている。また、2月中旬に上映中止となった『巡礼の約束』は、来年3月13日から4月2日までアンコール上映されるという。

[PR]
『パプーシャの黒い瞳』(C) ARGOMEDIA Sp. z o.o. TVP S.A. CANAL+ Studio Filmowe KADR 2013

 『オレンジと太陽』は、名匠ケン・ローチの息子ジム・ローチ監督のデビュー作となり、エミリー・ワトソンヒューゴ・ウィーヴィングらの共演で、イギリスが19世紀から1970年までひそかに行っていた、強制児童移民の事実を暴いた実在の女性を描く感動作。『パプーシャの黒い瞳』は、ポーランドの名匠クシシュトフ・クラウゼの遺作で、ジプシーから初めて誕生した実在の女性詩人パプーシャの生涯を描く。

 上映再開にあたり岩波ホールでは、当面の間、定員220席のところ、60席を満席として営業。さらに「新型コロナウイルス感染予防対策・お客様へのお知らせとお願い」として、以下のように感染防止策を徹底する。(編集部・入倉功一)

・館内では必ずマスクをご着用ください。(マスクをお持ちでない方は受付にて販売いたします)

[PR]

・発熱や咳など、体調のすぐれない方、37.5℃以上の方はご来場をお控えください。
(検温にご協力いただく場合がございます。また、陽性と判明した人との濃厚接触がある場合や、同居家族や身近な知人の感染が疑われる場合、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航並びに当該国・地域の在住者との濃厚接触がある場合もお断りします。)

・入場時、こまめな手洗い及び手指消毒・咳エチケットの徹底をお願いいたします。

・館内での大きな声での会話はお控えください。

・整列時は間隔を開けてお並びください。3密を避けるため、ロビーのご利用時間を制限しております。上映時間に合わせてご来場ください。

・入替ごとに館内の清掃・消毒・換気を行います。

・館内(ロビーを含む)でのお食事はご遠慮ください。

・当面の間、ブランケットの貸し出しはお休みいたします。

・従業員の感染予防対策
出勤時の検温・手指の消毒・マスクの着用・手袋の着用(一部業務)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]