「エール」12週は3つのアナザーストーリー!各話のあらすじ

音のお父さんがあの世から…?
音のお父さんがあの世から…? - 画像提供:NHK

 連続テレビ小説「エール」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が6月15日から12週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

アナザーストーリーに新キャストも参戦!【写真】

 「エール」は、作曲家の古山裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)の夫婦が、昭和の時代を音楽とともに生きる姿を描く物語。6月15日からの第12週では、それぞれの愛のかたちを描いた3つのアナザーストーリーがオムニバス形式で語られる。

[PR]

 「父、帰る」(第56・57回)では、音の亡き父・安隆(光石研)があの世の宝くじに当たり、1泊2日で地上に帰る権利をもらえることに。10年ぶりに地上に戻った安隆は、与えられた2日間で東京の古山家と豊橋の関内家を訪れる。

 「古本屋の恋」(第58回)では、裕一たちが通う「バンブー」の店主・梶取保(野間口徹)と妻の恵(仲里依紗)のなれ初めが描かれる。10年ほど前、保は亡き両親の跡を継いで、神田で古本屋を営んでいた。人付き合いが苦手だった保だが、客として店を訪れた恵と話をしてから、彼女がやって来る木曜日を心待ちにするようになる。

 「環のパリの物語」(第59・60回)は、音の憧れの存在である双浦環(柴咲コウ)がまだ駆け出しだったころの夢と恋の物語。オペラ歌手になることを目指してパリに留学した環に運命的な出会いが訪れ、恋に落ちる。そんなある日、環は世界的舞台に立てる最大のチャンスのオペラ「蝶々夫人」の話を耳にする。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]