キネマ旬報の2000年代ベスト・テン第1位に『殺人の追憶』『顔』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「キネマ旬報」7月上旬特別号表紙
「キネマ旬報」7月上旬特別号表紙

 映画雑誌「キネマ旬報」が、2000年代の外国映画・日本映画ベスト・テン第1位の作品としてそれぞれポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』(2004)と、阪本順治監督の『』(2000)を選出した。

【写真】ポン・ジュノ監督『パラサイト』バーチャル背景<全5種>

 同ベスト・テンは、「キネマ旬報ベスト・テン」選者及び、同誌の連載陣など100名余りが選出。『殺人の追憶』は、『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督が同作の主演ソン・ガンホと組んだサスペンス。1980年代に韓国で実際に起きた連続殺人事件をベースに、2人の刑事の執念の捜査を描き、韓国で記録的なヒットに。2004年のキネマ旬報「ベスト・テン」で外国映画第2位にランクインした。

[PR]

 『顔』は、妹を殺害した40代のヒロインの逃亡生活を描いた犯罪ドラマ。ヒロインを舞台女優の藤山直美が演じたほか、豊川悦司國村隼大楠道代牧瀬里穂佐藤浩市らが名を連ねた。阪本監督は、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞、日本映画プロフェッショナル大賞などその年の監督賞を総なめに。2000年のキネマ旬報「ベスト・テン」で日本映画第1位に選出された。

 同誌では創刊100年を記念して、これまでに1970年代、80年代、90年代別の外国映画・日本映画ベスト・テンを発表。70年代は『タクシー・ドライバー』と『太陽を盗んだ男』、80年代は『ブレードランナー』と『家族ゲーム』、90年代は『クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』と『月はどっちに出ている』が選ばれている。

 2000年代の2位以下のランキング、選者が選んだ10本と選評などは、6月19日発売の7月上旬特別号(外国映画)、7月4日発売の7月下旬特別号(日本映画)に掲載される。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]