エル・ファニングはセンセーショナル!ウディ・アレン監督がぞっこん

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』でのエル・ファニング
映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』でのエル・ファニング - Photography by Jessica Miglio (c)2019 Gravier Productions, Inc.

 雨のマンハッタンを舞台にしたロマンチックコメディー『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』でコメディエンヌぶりを発揮した女優のエル・ファニングについて、ウディ・アレン監督が「彼女は僕が夢に描いていたより100倍素晴らしかった」と大絶賛した。

【画像】可愛すぎ!『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』でのエル・ファニング

 『マレフィセント』や『ネオン・デーモン』などで知られるエルが本作で演じたのは、主人公のギャツビー(ティモシー・シャラメ)の恋人で、大学の課題で著名な映画監督にマンハッタンでインタビューできることになったアシュレー。生粋のニューヨーカーであるギャツビーは彼女に同行し、街を案内して二人でロマンチックな週末を過ごそうと計画を立てていたが、アシュレーはそのキュートな天真爛漫さで映画業界の大物たちを次々と魅了していってしまい……。

[PR]

 本作でのエルはコミカルでありながらとにかくチャーミングで、男性たちが次々と陥落していくのも納得。アレン監督は「彼女は本当に偉大な俳優だと思う。本当に驚愕した。本当にセンセーショナルな存在だ」とエルを大絶賛し、自身のミューズであるダイアン・キートンと出会った時のことを思い出したとまで語る。

 「ダイアンのおかげで、強烈な映画を作ることができたんだ。例えば『アニー・ホール』は彼女のために書いた作品だったし、『マンハッタン』もそうだ。彼女の才能のおかげで、彼女の才能を探求しながら、良い作品を作ることができた。つまり、可能なら、僕はエル・ファニングともそうやって映画を撮りたいと思うよ」と今後のタッグも希望していた。(編集部・市川遥)

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は7月3日より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]