綾野剛&星野源「MIU404」と「アンナチュラル」はリンクしていた?あの刑事コンビがゲスト出演

「MIU404」と「アンナチュラル」がコラボ!(左から)綾野剛、吉田ウーロン太、大倉孝二、星野源
「MIU404」と「アンナチュラル」がコラボ!(左から)綾野剛、吉田ウーロン太、大倉孝二、星野源

 綾野剛星野源が主演するTBS系ドラマ「MIU404」(ミュウ・ヨンマルヨン 毎週金曜よる10時~)の7月10日に放送される第3話に、石原さとみ主演で2018年1月期に放送された大ヒットドラマ「アンナチュラル」で、俳優の大倉孝二吉田ウーロン太が演じた毛利&向島刑事コンビが、同じキャラクターで登場することが明らかになった。

「MIU404」綾野剛&星野源の刑事コンビ

 「MIU404」は、初動捜査のプロフェッショナル・機動捜査隊(通称:機捜)が、24時間のタイムリミット内で事件解決を目指す姿を描く、1話完結の刑事ドラマ。「アンナチュラル」と同じく野木亜紀子が脚本を手掛け、考える前に体が動く型破りな刑事・伊吹藍(いぶき・あい)を綾野が、先回り思考で捜査を進める理性的な刑事・志摩一未(しま・かずみ)を星野が演じる。

[PR]

 第3話で伊吹と志摩のコンビは、続発するわいせつ事件と、その捜査をかく乱するように頻発するイタズラ通報を捜査するため、事件を管轄する西武蔵野署へ。正式な捜査協力依頼を受けた二人は、同署の毛利刑事(大倉)に向島刑事(吉田)とタッグを組んで、真相を追うことになる。

 毛利役の大倉は、同じ役で違うドラマにゲスト出演する体験に、「お話をいただいた時は意味がよくわかりませんでした。未だによくわかっていませんが(笑)、勝手に受け取ったありがたみを噛みしめながら、ドラマに貢献出来るよう励みたいと思います」と苦笑交じりにコメント。

 一方の吉田は「まさか『アンナチュラル』の世界線とリンクしてるとは、僕が向島役じゃなくても興奮します」と感激。最後に向島を演じたのは3年も前のことで、不安を覚えつつも「でも今回『MIU404』の台本を読んで『そうだそうだ、向島はこんなこと言うやつだった』と思い出しています。現場で大倉さんにお会いして『そうだそうだ、こんな上司だった』と思い出しました。ご覧になる皆さんの心にも『そうだそうだ』がこだますることを願っています」と語っている。

 高視聴率をマークし、放送終了時にはSNSで続編を求めるファンの声も数多く投稿されていた「アンナチュラル」。両作のプロデュースを務めている新井順子プロデューサーは、「『MIU404』と『アンナチュラル』の世界はつながっていて、どこかでミコト(『アンナチュラル』の主人公)も生きていると思っている」と語っており、ファンにとってはうれしいコラボレーションとなりそうだ。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]