坂口拓、まさに死闘…400人との決闘シーンで肋骨も骨折

「精神状態がボロボロになって、(一度は)俳優業を引退した」と明かす坂口拓
「精神状態がボロボロになって、(一度は)俳優業を引退した」と明かす坂口拓

 俳優のTAK∴こと坂口拓が5日、渋谷のユーロライブで行われた映画『狂武蔵』の完成披露無観客イベントに登壇し、宮本武蔵にふんして挑んだワンシーン・ワンカットの死闘シーンの撮影を振り返った。この日は、共演者の山崎賢人(崎はたつさき)と下村勇二監督も来場した。

[フォトギャラリー]坂口拓&山崎賢人の鋭い表情!イベントの様子【写真】

 本作は、『RE:BORN リボーン』など数々のアクション映画に携ってきた坂口が主演を務めたアクション時代劇。撮影から9年、未完成状態だった作品に追加撮影や再編集を行い、劇場公開が決定した。武蔵役の坂口が一人で400人の相手に挑む壮絶な死闘が77分のワンシーン・ワンカットで展開する。

[PR]

 坂口は壮絶だったという撮影について「精神状態がボロボロになって、(一度は)俳優業を引退した」と明かす。また、自身は「相手を傷つけない」という“アクション道”を大事にしていたが、敵役のキャストには「目も頭も喉も好きにやっていい。本気で来いよ」と伝えたそうで、「全員がめちゃくちゃに来て、開始5分で指が折れていた。(その時点で)体力もゼロになったのが今でも懐かしい」と笑みを浮かべた。さらに「中盤で肋骨(が骨折)、(撮影が)終わったら奥歯が4本砂のように崩れた」と驚きのエピソードも披露した。

狂武蔵
坂口拓と山崎賢人

 共演を果たした山崎は、坂口や下村監督とは主演を務めた映画『キングダム』で出会い、「侍として、男として大切なことを教えてもらった」と恩義を感じていることもあり出演を快諾したという。実は、飲みの席でオファーされたそうで、下村監督は「熱い思いをぶつけたときに、その場で『やりたい』と言ってくれて、すぐにマネージャーに電話してくれた」と山崎の前のめりな姿勢を明かした。

[PR]

 キャストやスタッフのほとばしる思いによって実現した本作。坂口は感無量の表情を浮かべながら「自分のことよりも、周りがすごい。こんなわがままに付き合ってくれたことに感謝しかない」と頭を下げる。続けて「一人で戦う姿は今の時代に何かを訴えかけるものがあると思っています。日本人で生まれたからには文化と伝統の『侍』を残したい」と語りつつ、「『狂武蔵』はスタート。次の侍ものに向けて行きたい」とさらなる意欲を見せていた。(取材:錦怜那)

映画『狂武蔵』は8月21日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]