上白石萌音、歌うまッ!『トロールズ ミュージック★パワー』日本版予告編

豪華な日本語吹き替え版声優陣
豪華な日本語吹き替え版声優陣 - A UNIVERSAL PICTURE (C) 2020 DREAMWORKS ANIMATION LCC.ALL RIGHTS RESERVED.

 ドリームワークス・アニメーション映画『トロールズ ミュージック★パワー』の日本版予告編が公開された。大ヒットナンバーの数々とキャッチーなオリジナル楽曲で、歌うまトロールたちの冒険を描く本作。日本語吹き替え版でポップ村の女王ポピー役を務めているのは女優の上白石萌音で、予告編でも明るく伸びやかな歌声を披露している。

【動画】上白石萌音が歌う!『トロールズ ミュージック★パワー』日本版予告編

 トロール人形を題材にしたミュージカルアニメーション『トロールズ』の続編となる本作。日本では前作は劇場未公開だったため、トロールズにとって今回が満を持してのスクリーンデビューとなる。前作ではトロールズの村はホップミュージックを愛する「ポップ村」しか登場しなかったものの、実は他にもロック、ファンク、テクノ、クラシック、カントリーと五つの村があることが判明し……。ポップ村の女王ポピーは、相棒のブランチと大冒険に出ることになる。

[PR]

 ポピーの幼なじみで、内気で生真面目、時にポピーの暴走をいさめるブランチ役を務めたのはウエンツ瑛士。今回公開された予告編でも、シンディ・ローパーの名曲「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」を上白石とデュエットしている。二人の前に立ちはだかるダークヒロイン、ロック村のバーブ女王をドスの利いた声で迫力満点に演じているのは仲里依紗だ。ミキの弟・亜生がストーリーテラー的な役割もある雲クラウド・ガイとして予告編冒頭のナレーションを担当し、兄・昴生演じるトロールツァルトが大勢のクラシック・トロールたちを前に指揮棒を振る姿も出てくる。

 そのほかの声優陣は斉藤壮馬(ガイ・ダイヤモンド役)、木村昴(ガイから産まれた赤ちゃんタイニー・ダイヤモンド役)、宮野真守(クーパー役)、関智一(テクノ・トロールのキング・トロレックス役)、松本梨香(カントリー・トロールのデルタ・ドーン役)など。(編集部・市川遥)

映画『トロールズ ミュージック★パワー』は10月2日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]