金ロー「名探偵コナン」名作テレビスペシャルを2週連続再放送

もう一度放送される「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」
もう一度放送される「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」 - (C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 2016

 14日、日本テレビ系映画番組「金曜ロードSHOW!」(毎週金曜・午後9時~)は、過去に同番組のために制作・放送された、人気アニメ「名探偵コナン」のテレビスペシャルを、9月11日と18日の2週連続で放送すると発表した。

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』では赤井秀一が活躍【画像】

 9月11日は、2016年にアニメ放送開始20周年を記念して制作された「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」を放送。原作者・青山剛昌による全面監修のもと、第1話「ジェットコースター殺人事件」を完全新作としてよみがえらせ、放送当時ファンの間で大きな話題となった。

[PR]

 原作の要素をほぼ忠実に再現しながら、当時の放送では描き切れなかった、それぞれのキャラクターたちの行動や気持ちなどのディテールを肉付け。黒ずくめの組織に従い、薬を開発するシェリー(灰原哀)らも新たに登場するほか、コナンと出会う前の少年探偵団や阿笠博士、コナンが家に転がり込む前の毛利小五郎らも描かれ、新一と蘭が運命のトロピカルランドでデートする事になった理由といった、謎に包まれていた部分も明らかになるなど、「名探偵コナン」の世界観を把握できる内容になっている。

『鍵泥棒のメソッド』とのクロスオーバーも話題を呼んだ「江戸川コナン失踪事件 史上最悪の二日間」(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 2014

 そして9月18日は、2014年に原作連載開始20周年を記念して制作された「江戸川コナン失踪事件 史上最悪の二日間」を放送。1926年に人気作家アガサ・クリスティが11日間の失踪を遂げた謎の事件をモチーフに、銭湯で転倒して記憶喪失となってしまったコナンが、謎の2人組に連れ去られ、世間を騒がす爆弾テロ騒ぎに巻き込まれる姿を描く。2012年の実写映画『鍵泥棒のメソッド』の後日譚にもなっており、同作で監督、脚本を務めた内田けんじが脚本を担当。映画にも出演した香川照之広末涼子が、同じ役の声優を務めたことでも話題となった。

 「金曜ロードSHOW!」では、今夜9時から『となりのトトロ』をノーカット放送。8月21日の『コクリコ坂から』(本編ノーカット)、8月28日の『借りぐらしのアリエッティ』(ノーカット)とジブリ作品に続いて、9月4日に浜辺美波北村匠海が主演を務めた映画『君の膵臓をたべたい』(2017)を放送する。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]