俳優・渡哲也さん、肺炎のため死去 「西部警察」『東京流れ者』など

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りいたします
ご冥福をお祈りいたします - Sports Nippon / Getty Images

 ドラマ「西部警察」などで知られる俳優の渡哲也さんが今月10日、肺炎のため亡くなった。享年79。14日、所属事務所の石原プロモーションが公式Twitterで発表した。

【画像】「西部警察」名コンビ、渡哲也さんと舘ひろしさん

 石原プロモーションは「弊社 渡哲也(本名:渡瀬道彦)が長きにわたり病との闘いの末、去る令和2年8月10日午後6時30分に肺炎のため享年79をもって都内の病院にて旅立ちました。ここに生前のご厚誼を深く感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」と発表。葬儀は故人の強い希望により、本日14日に家族葬という形で執り行われた。

[PR]

 続けて石原プロモーションは「誠に勝手ながらご香典、お供物、ご弔電、ご供花などの儀は故人の遺志により固くご辞退申し上げます」とコメント。お別れ会・偲ぶ会等の実施については「故人の意向により執り行いません。何卒、故人の遺志をご理解いただけますようお願いいたします」としている。

 渡さんは、1941年兵庫県淡路島生まれ。1965年に日活映画『あばれ騎士道』でデビューした後、『東京流れ者』『青春の裁き』『愛と死の記録』『やくざの墓場 くちなしの花』『誘拐』『無頼』シリーズなど数多くの映画に出演。ドラマの代表作として「大都会」「西部警察」「マグロ」などがある。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]