新アニメ「ダイの大冒険」ハドラー役に関智一!魔王軍キャスト発表

ハドラー役の関智一、クロコダイン役の前野智昭、フレイザード役の奈良徹、ミストバーン役の子安武人、ザボエラ役の岩田光央、バラン役の速水奨、大魔王バーン役の土師孝也
ハドラー役の関智一、クロコダイン役の前野智昭、フレイザード役の奈良徹、ミストバーン役の子安武人、ザボエラ役の岩田光央、バラン役の速水奨、大魔王バーン役の土師孝也 - (C)三条陸、稲田浩司 / 集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (C)SQUARE ENIX CO., LTD.

 10月よりテレビ東京系列でスタートするテレビアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」から、主人公ダイが立ち向かう魔王軍の声優陣が18日に発表された。

ヒュンケル役は梶裕貴!「ダイの大冒険」主要キャスト

 本作は、1989年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、1991年~1992年にアニメ化もされた、原作・三条陸、作画・稲田浩司による人気漫画のアニメ化作品。人気ゲーム「ドラゴンクエスト」の世界観をもとに、モンスターが平和に暮らす島で育った少年ダイが、復活した魔王を倒すため、仲間たちと冒険の旅を繰り広げる。

[PR]

 復活した魔王にして、かつて多くのモンスターを率いて世界を我が物にしようとしたハドラー役には、関智一が決定。前回のアニメ化では、青野武さんが演じた人気キャラクターでもあり、「及ばずながら自分らしくチャレンジしていきたいと思います」と意気込む。

 そのほか、強大なパワーと強靭な肉体を持つクロコダイン役に前野智昭、氷と炎を操るフレイザード役に奈良徹、謎多き寡黙な団長ミストバーン役に子安武人、狡猾な知恵者ザボエラ役に岩田光央、鬼神のごとき強さを誇るバラン役に速水奨が決定。さらに、魔王軍の頂点に君臨する大魔王バーン役には、『ハリーポッター』シリーズでセブルス・スネイプ役などを演じた土師孝也が決定した。

 主人公・ダイの声を担当するのは種崎敦美。ポップを豊永利行、マァムを小松未可子、レオナを早見沙織、ダイの師匠アバンを櫻井孝宏、ダイの育ての親・ブラスを緒方賢一、ダイの親友・ゴメちゃんを降幡愛、魔王軍の不死騎団団長ヒュンケルを梶裕貴が演じる。(編集部・入倉功一)

魔王軍キャストのコメントは以下の通り

関智一(ハドラー役)コメント
まず連載当時から愛読していた『ダイの大冒険』に参加出来ることに大きな喜びを感じています。
と、同時にハドラー役を担当することに大きなプレッシャーも感じております。
前作では、尊敬する青野さんが演じられたキャラクターです。及ばずながら自分らしくチャレンジしていきたいと思います。

[PR]

前野智昭(クロコダイン役)コメント
全てを熱く語れる大好きな作品で、オーディションを頂き今に至るまで幾度となく「ダイの大冒険」の夢をみました。その中で非常に重要な役どころである獣王クロコダインを担当させていただける事になり、本当に光栄です。
武人としての誇りを胸に、精一杯演じさせて頂きます。

奈良徹(フレイザード役)コメント
令和の時代に『ダイの大冒険』がアニメ化されると聞いた時、驚きよりも先に「フレイザードやりたい!」と頭に浮かびました。そして、そのフレイザードを本当に務めさせていただけることになりました、光栄です! 自分の全力を使って、フレイザードらしく暴れたいと思います。
ダイをご存知の方も、今回のアニメ化で知ったという方も、楽しみにしていただけると嬉しいです。

子安武人(ミストバーン役)コメント
ミストバーン役に選んで下さって感謝感激しています!!
ワクワクドキドキの魅力的な世界にミステリアスなミストバーンがどう物語に絡んでくるのか今から楽しみでしょうがありません。
魔王軍として全力で正義と戦っていきますので、応援よろしくお願いいたします(笑)
絶対に勝つぞ!! オーーーー!!

[PR]

岩田光央(ザボエラ役)コメント
ザボエラのオーディションを頂いた時、「うわ! このキャラ、絶対やりたい! 絶対に取りたい!」と強く思いました。
ザボエラのような、狡猾で頭が良く、悪知恵の働く、いわゆるザ・悪の参謀的な役を今まで演じた事が無かったので、これはチャンスだと思ったんです。
だから受かった時は本当に嬉しかった!
なので皆さん、岩田、気合い入りまくりです。私の演じるザボエラ、ぜひ期待して下さい!

速水 奨(バラン役)コメント
あの名作に出られると判った時、5cmほど小躍りしました。
僕の周りにダイの大冒険の大ファンが何人かいます。
彼らの為にも、もちろん初めて見て下さる方々の為にも、バランを真摯に演じて行きたいとおもいます。

土師孝也(バーン役)コメント
「ダイの大冒険」の出演が決まったとの連絡を受け、真っ先に前回のキャストを調べましたよ。「まさか?!」との思いが的中し「バーン」。
しかも前任があの超人的声帯の内海賢二さんときたもんだ!!
とても比べ者にはならないので、私の中にある引き出しを全開にして挑むしか手立てがございません。どんな「バーン」になりますか、私自身も楽しみです。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]