『ハリー・ポッター』ダドリー俳優が変貌!主人公を追い詰める軍曹役

『キーパー ある兵士の奇跡』でのハリー・メリング
『キーパー ある兵士の奇跡』でのハリー・メリング - (c) 2018 Lieblingsfilm & Zephyr Films Trautmann

 映画『ハリー・ポッター』シリーズで主人公のいとこで太っちょのダドリー・ダーズリーを演じていたハリー・メリングが、10月23日に日本公開を控える『キーパー ある兵士の奇跡』で新たな顔を見せている。同作は、サッカーを通じてイギリス人に受け入れられた元ナチスドイツ兵バート・トラウトマン(『愛を読むひと』のデヴィッド・クロス)の波瀾万丈の人生を描いたドラマだ。

【画像】丸々していた!ダドリー時代のハリー・メリング

 『ハリー・ポッター』シリーズ撮影中から体重が減り始め、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010)では「ファットスーツ」を着なくてはならなかったというメリング。スリムに変貌を遂げた彼は、『キーパー ある兵士の奇跡』ではイギリスの収容所で、ナチスドイツの兵士たちにきつく当たるスマイス軍曹を演じている。いじめっ子ダドリーとはまた違った、冷徹な態度でトラウトマンたちを精神的に追い詰める姿は必見といえる。

[PR]

 舞台を中心に活躍を続けてきたメリングだが、今年はシャーリーズ・セロン主演アクション『オールド・ガード』やトム・ホランド主演スリラー『悪魔はいつもそこに』などNetflixの話題作にも登場している。(編集部・市川遥)

映画『キーパー ある兵士の奇跡』は10月23日より新宿ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]