SW実写ドラマ「マンダロリアン」シーズン2、10.30米配信決定!

ザ・チャイルドも一緒!(Star Wars 公式Twitterのスクリーンショット)
ザ・チャイルドも一緒!(Star Wars 公式Twitterのスクリーンショット)

 『スター・ウォーズ』シリーズ初の実写ドラマ「マンダロリアン」のシーズン2が、10月30日より動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で米配信されることが決定。現地時間2日、ドラマの新たなロゴと共に Star Wars 公式Twitterなどで発表された。

可愛い…“ベビーヨーダ”の愛称で親しまれるザ・チャイルド【画像】

 「マンダロリアン」は、銀河帝国が敗退した『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』から5年後を舞台に、バウンティハンター(賞金稼ぎ)として生きる主人公マンダロリアン(ペドロ・パスカル)の過酷な戦いを描くアクション。シーズン2には、シリーズでも高い人気を誇るボバ・フェットや、アニメ「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」などで活躍したアソーカ・タノが登場すると報じられている。

[PR]

 新たなロゴは、シーズン1とは打って変わりブルーを基調としたデザインに。前シーズンではマンダロリアンだけが描かれていたが、今回は人気キャラクター・ヨーダにそっくりな“ベビーヨーダ”ことザ・チャイルドの姿も見られる。ザ・チャイルドは未だ多くの謎に包まれており、シーズン2でも注目のキャラクターとなりそうだ。

 製作総指揮は、シーズン1に引き続きジョン・ファヴローが担当。エピソード監督には、新たに『シン・シティ』のロバート・ロドリゲス監督、『アントマン』シリーズのペイトン・リード監督が加わっている。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]