カルト的人気の漫画「ホムンクルス」実写映像化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
原作/山本英夫「ホムンクルス」(小学館 ビッグスピリッツコミックス刊) (C) 山本英夫/小学館

 「殺し屋1」などの山本英夫による人気漫画「ホムンクルス」が、2021年に実写映像化されることが決まった。

「殺し屋1」は浅野忠信・大森南朋ら共演で映画化【写真】

 2003年から2011年までビッグコミックスピリッツ(小学館)で連載された「ホムンクルス」は、頭蓋骨に穴を開ける実験“トレパネーション”を受けた主人公が左目で人間を見ると、心の歪みが異形となり見えるようになってしまうというストーリー。緻密な取材を経て書かれた同作は編集部も認める永遠の問題作とも言われ、人間の欲望や心の深部に迫る描写と物語は、連載当時よりカルト的人気を集めている。

 実写映像化決定に喜ぶ原作者の山本は「ロボット、砂の化け物、水の器、、、造形は無機質ですが、それは潜在意識の集合体であり、人間より人間臭さが詰まった化け物たちです。実写でどう描かれるのか、とっても楽しみです!」と期待のコメントを寄せている。(編集部・小松芙未)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]