有村架純「姉ちゃんの恋人」に藤木直人、小池栄子、奈緒、高橋海人ら!新キャスト発表

「姉ちゃんの恋人」新キャスト
「姉ちゃんの恋人」新キャスト

 有村架純が主演を務めるドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系・10月27日スタート、毎週火曜よる9時)に、藤木直人小池栄子奈緒高橋海人King & Prince)、紺野まひるやついいちろう光石研和久井映見が出演することが決定した。(高橋海人の「高」は「はしごだか」が正式表記)

【写真】主演の有村架純&恋の相手役の林遣都

 本作は、有村が主演の連続テレビ小説「ひよっこ」の脚本を担当した岡田惠和が手掛けるオリジナルドラマで、ハロウィンからクリスマスにかけて、女手ひとつで弟3人を養う主人公と個性豊かな登場人物たちによるラブ&ホームコメディー。有村が主人公の“肝っ玉姉ちゃん”・安達桃子を演じ、林遣都が桃子の恋の相手・吉岡真人にふんする。

[PR]

 桃子が働くホームセンターの配送部の高田悟志役を藤木、桃子の職場の上司・市原日南子役を小池、桃子の幼なじみで旅行会社に勤める浜野みゆき役を奈緒、桃子の弟で3兄弟の長男・安達和輝役を高橋、桃子の同僚・岸本沙織役を紺野、桃子ら4姉弟の親戚・川上菊雄役を光石、真人の母親・吉岡貴子役を和久井、弁当屋「藤吉」の店主・中野藤吉役をやついが担う。

 悟志は、真人が過去に抱えた心の傷について理解し、彼にとって職場で唯一心を許せる存在。姉御肌の日南子は、桃子の境遇も日々の頑張りもよく知る理解者で、みゆきは、桃子が家族にも職場の仲間にも言えない悩みを打ち明けられる人物だ。農学部に通う大学3年生の和輝は、姉思いで、いつか恩返しをすると心に誓っている優しい弟で、過去に恋愛に失敗して傷つく桃子を見てきたため、桃子の恋の気配を感じ取って以降は心配が尽きない。

 貴子は、夫と死別後、弁当屋・藤吉でパートとして働く。過去に心の傷を抱えた真人の幸せを誰よりも望み、職場のクリスマスプロジェクト、そして桃子との出会いによって表れた息子の変化を喜び、応援する。藤吉は、パートで働く貴子と2人で店を切り盛りしているが、貴子や真人が抱える事情を理解したうえで、“ある思い”を抱く。(編集部・梅山富美子)

[PR]

コメント全文

■藤木直人
岡田惠和さんの作品は「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」から始まって、今回で4作品目の参加となります。再び岡田ワールドの住人になれること、役者冥利(みょうり)につきます。軽妙な会話劇、でもそれぞれのキャラクターが抱えている想い、悩み。今回の僕の役もちょっと不思議な部分がある役です。有村架純さんをはじめ、林遣都くん、小池栄子さんなどすてきな共演者ばかり! 精一杯楽しんで演じたいと思います。

■小池栄子
桃子の職場の先輩で、良き理解者でもある日南子を演じます。仲間たちと日々のささやかな幸せに一喜一憂する可愛らしい女性です。今までの日常が崩れている現在、ドラマでは人の心をポッと温かくしてくれる大切ななにかをみんなで紡いでいくことで、観てくれる人が優しい気持ちになれる作品にしていければと思っています。岡田さんの書くチャーミングなセリフたちとたくさん遊びたいと思います。

■奈緒
登場人物の機微が繊細に描かれたとてもすてきな本をいただき、この作品に参加できることが本当にうれしいです。誰かのために頑張れる、誰かのために怒れるヒロイン・桃子さん。こんな人がそばにいたらどれだけ心強いだろうと思います。そんな桃子さんと会えるコンビニ前を、みゆきさんと同じ気持ちで“今”と向き合いながら楽しみたいです。人と人との間に物理的な距離があき、少し寂しさを感じる今だからこそ、このドラマが優しく温かくみなさんの心に広がることを願います。

[PR]

■高橋海人
岡田惠和さんの作品はこれまでたくさん拝見していて、本作のお話をいただく直前に偶然にも『いちごの唄』を観たところでした。恐れ多いのですが、運命を感じてしまいました。和輝は姉弟の2番目で、長男であり、優しくて、ピュアで真っすぐな青年です。僕自身も姉がいるのですが、弟たちがいる、いわゆる間っ子はプライベート、お芝居含めて初めての経験なので、ソワソワしつつ楽しんでいます! 弟である和輝、お兄ちゃんである和輝のバランスをうまく使い分けて演じていきたいです。姉弟のやりとりが多く、他愛もない日常のやりとりがコミカルで温かい気持ちになれる作品なので、たくさんニヤニヤしながら楽しんでいただければと思います!

■紺野まひる
みんないろいろなことを抱えながら生きている。どんなことが起こっても、みんな平等に時間は過ぎていく。そんな当たり前のことが、幸せだったり、そうでなかったり。何事も一生懸命に「生きる」桃ちゃんと一緒に仕事をして身近で応援する、少し幸薄そうな沙織を演じます。観終わった後に、きっと心がすっと軽くなるような作品になるはずです。

■やついいちろう
弁当屋さんを営む中野藤吉をやらせてもらうことになりました。不器用ながらも、気持ちが全部顔とか態度に出ちゃうようなとにかく良い奴。わかりやすい性格という点で、かなり自分と近いところがあるかもしれません。脚本の岡田さんの作品には何度か出させていただいているんですが、いつもセリフを言っていて違和感がありません。今回もスッと藤吉になれそうです。なにかとピリピリしている世の中に優しい毛布をかけるみたいな物語だと思います。お楽しみに。

[PR]

■光石研
岡田さんの脚本で有村さん主演! 出演は林くんをはじめそうそうたる方々! 楽しみで仕方がないです! とにかくみなさんの足を引っ張らない様、楽しんでついていきます!

■和久井映見
登場人物ひとりひとりが持っている、それぞれの背景、環境。そこからまた人と関わりを持つことによって、それぞれの人生がどんなふうに動いていくのか。岡田さんがどんなふうに描かれてお話が進んでいくのか。今回いただいた役、とても難しいなぁ……と思いながら、でもこの先の物語の展開をわたし自身もドキドキしながら楽しみに、頑張りたいです。

■プロデュース・岡光寛子(カンテレ)
この上なく素晴らしい出演者のみなさんに集まっていただきました。誰が欠けても成立しない、そして誰もが主人公の物語でもあります。岡田惠和さんが描く登場人物たちは、全員が愛おしく、魅力的で、確かにそこに生きています。すでにクランクインし、撮影が進んでいますが、現場で繰り広げられる温かみのある生っぽいお芝居に、活き活きとした会話劇に、胸が躍る日々。できることなら、ずっと見ていたい……という思いです。視聴者のみなさんの生活に溶け込み、彼女彼らに毎週会いに来たくなるような、「自分の人生、そんな悪くないな」と思えるような、そんなドラマを目指し、みんなで力を合わせて大切に作っていけたらと思います。さらなる続報もぜひ楽しみに待っていてください!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]