女優・西野七瀬がみせた成長の証 「アンサング・シンデレラ」で等身大の新人薬剤師に

西野七瀬「アンサング・シンデレラ」で新人薬剤師の相原くるみに
西野七瀬「アンサング・シンデレラ」で新人薬剤師の相原くるみに - (C) フジテレビ

 石原さとみが主演を務めるドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、毎週木曜よる10時~)で、新人薬剤師を演じている西野七瀬。演じた役どころともリンクするような女優としての成長ぶりを披露して、存在感を発揮している。

西野七瀬、キュートなサンタ帽が似合いすぎ!【写真】

 「アンサング・シンデレラ」は、病院内にある薬剤部で主に患者の薬の調剤や製剤を行う病院薬剤師たちの姿を描く医療ドラマ。キャリア8年目の薬剤師・葵みどり(石原)を主人公に、患者のために縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)として奮闘する薬剤師たちの舞台裏が描かれていく。

[PR]

 西野が演じるのは、みどりと同じ萬津総合病院の薬剤部で働く、新人の病院薬剤師・相原くるみ。みどりの直属の後輩にあたるくるみだが、もともと薬剤師の道を選んだのは消極的な理由だった。「向いてなかったら、辞めようと思っています」と口にするなど、どこか冷めたところもあるキャラクターだが、西野自身は「くるみは“素直な人”なんだと何回も頭のなかで思いながら演じています」と表現している。

 実際、勤め始めた当初はみどりたちとの温度差も感じさせたが、さまざまな患者たちと向き合うなかで同僚たちの言葉を素直に吸収し、仕事に対する意識を変化させていったくるみ。熱血漢タイプのみどりとは対照的ながら、物語が進むと仕事のために歩きやすいスニーカーを購入したり、薬剤師として新たな資格をとろうと勉強を始めたりと、その成長ぶりを見せるなかで視聴者に薬剤師という仕事の実情を伝える役割を果たしていた。

アンサング・シンデレラ
(C) フジテレビ

 物語を通じてキャラクターの成長を等身大の自然な演技で見せた西野は、乃木坂46を卒業後にドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」「あなたの番です」、映画『一度死んでみた』といった話題作に出演してきたが、今回の「アンサング・シンデレラ」では人間ドラマのなかで女優として着実に成長していることも示してみせた。

[PR]

 24日放送の最終回では、みどりが瀬野章吾(田中圭)の承認を得て抗がん剤治験薬の投与を始めてから2年後のことが描かれる。くるみは、萬津総合病院の薬剤部に研修で訪れた、かつての患者である心春(穂志もえか)の指導担当になっており、さらに成長した姿を見ることができそうだ。また現在は、くるみを主人公としたスピンオフドラマ「アンサング・シンデレラ ANOTHER STORY ~新人薬剤師 相原くるみ~」(全5話)が映像配信サービスFODで配信中。こちらでは別のかたちでくるみの葛藤と成長が描かれている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]