森川葵&松井玲奈&百田夏菜子、大好きな「おジャ魔女」新作参加に感激

左から松井玲奈、森川葵、百田夏菜子
左から松井玲奈、森川葵、百田夏菜子

 森川葵松井玲奈百田夏菜子が1日、都内で行われたアニメーション映画『魔女見習いをさがして』完成報告イベントに出席し、終始「おジャ魔女どれみ」への愛があふれたトークを繰り広げた。この日のイベントには三浦翔平も来場した。

「おジャ魔女」愛あふれるキャスト陣【イベントギャラリー】

 本作はアニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズ放送20周年を記念し、シリーズのスタッフが集結した新作アニメーション。3人のヒロインたちが「おジャ魔女どれみ」をきっかけに知り合い、旅に出るさまを描き出す。ヒロインのソラ、ミレ、レイカの声優を務める森川、松井、百田は、幼少期に「おジャ魔女どれみ」を観ていたという、ど真ん中の世代だ。

[PR]

 今回のオファーに森川は「え、いいの!?」と思ったそうで、「映画があると聞いて絶対に観に行こうと思っていたので、ビックリしたのと同時に、大好きだからこそ、いいのかなと。わたしのせいで台無しにしてはいけないと自分で自分にプレッシャーをかけていました」と述懐。松井も「わたしも大好きだったので、飛び上がるぐらいうれしかったんですけど、決まった時はまだお友だちに言えなくて。一緒に映画に行こうと言われてもあいまいな返事をしていました。だから(ニュースを聞いて)みんなビックリしていましたね」と続けた。

 さらに百田は「マネージャーさんからお話を聞いたときに、どれみちゃんというワードを聞いただけで、やりたいです! と勢いで言いました」と切り出すと、「でも勢いで言ってしまって。後になってから大丈夫かなと心配になりましたけど、みんなで頑張ることができたので、今はたくさんの方に観てもらいたいです」と付け加えた。

 アフレコは3人同時に行ったという。「最初に3人で本読みをしたんですけど、その時から松井さんがちゃんと声を作っていてセリフを読み上げたので、わたしもちゃんとやらなきゃと気が引き締まりました」と語る森川に対して、松井は「とは言いつつも、森川さんもお家でしっかりと考えて作り上げてきたんだろうと思って。アニメが大好きなんだということがビシビシ伝わりました」とコメント。百田についても「アニメのお仕事ってタイムコードを見て、台本を見てと、忙しいんですけど、百田さんが台本のページのどこだか分からなくなって。しゃがみこんで探していた時があったので、ここですよと教えたら、しゃがみながら『ありがとう』と言ってくれた姿が本当にレイカちゃんがいるようで。会えてうれしかったです」と語った。

 それを受けた百田は「ご迷惑をおかけしました。お姉ちゃんについていこうと思いました」と笑いつつも、「松井さんはずっとカッコよくて。最初は緊張していましたけど、二人が心強くて。二人にしっかりとついていきました」と二人に対して全幅の信頼を寄せている様子だった。(取材・文:壬生智裕)

映画『魔女見習いをさがして』は11月13日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]