井浦新、Foorin・新津ちせ&池下リリコの声の演技絶賛「満点」

公開アフレコに参加した井浦新、新津ちせ、池下リリコ
公開アフレコに参加した井浦新、新津ちせ、池下リリコ

 俳優の井浦新が1日、都内で行われた、吹き替え声優を務めるアニメーション映画『ウルフウォーカー』の公開アフレコに、子役で音楽ユニットFoorin新津ちせ池下リリコと共に出席。この日が初対面となった、天才子役たちの才能を絶賛した。

【画像】井浦新と天才子役が公開アフレコ!

 本作は、これまで発表した全ての長編作品が、アカデミー賞長編アニメ賞にノミネートされているアニメーションスタジオ「カートゥーン・サルーン」の最新作。アイルランド・キルケニーに中世から伝わる伝説を基に、眠ると魂が抜け出しオオカミに変身するウルフウォーカーのメーヴと、ハンターの父を持つ少女ロビンの友情を描く。日本語吹き替え版では、新津が少女ロビンの声、池下がメーヴの声、井浦がロビンの父・ビルの声を担当している。

[PR]

 新津は、井浦との共演について「いつもテレビにたくさん出てる井浦さんに会えて、しかも親子役と聞いたときは、嬉しさと喜びが込み上げてきました」と感激の面持ち。実際に対面した井浦の印象を「お会いしたら優しくて」と笑顔で語る。

 この言葉に、思わず嬉しそうな表情の井浦は「作品の中に生きるように存在するのは、難しいと思うんです。それを難なくやってのけているのはすごい」と新津の才能を絶賛。池下の演技にも感銘を受けた様子で、「初めて2人の声の演技を見たんですけど、さっきまで(収録を)やっていた自分が恥ずかしくなるくらいの出来栄え。満点です。僕はまだ『ウルフウォーカー』の世界に立てていないんじゃないかという段階なのに、2人はもう『ウルフウォーカー』の世界に生きている。素晴らしい」と感心しきりだった。

 新津と池下は、この日も息ぴったり。新津が「リリコちゃんとは3歳くらいから同じ劇団に所属していて仲良し。共演できると聞いて嬉しかったです。リリコちゃんの声の演技は迫力があって好きです」と語ると、池下も「前からすごく仲良し。アフレコの時も隣にいるだけで安心できました。楽しかった」と返してみせ、笑顔を交わした。

[PR]

 『ウルフウォーカー』について新津は「本当に面白いです。メーヴとロビンの感情に心を動かされましたし、森や自然もダイナミックに描かれていて圧倒されました」とすっかりお気に入りの様子。池下も「1人でも多くの人に観てもらいたい作品。動物をもっと大事にしようとか、自然をなるべく大切にしようと、この映画を通じて思ってもらえたらいいな」と本作をアピール。井浦は「アニメの描き方、線の描写が印象的。メーヴの表情は何本もの線が描かれていて、その一本一本の線からメーヴがどんな風に森で生きてきたのか、そういうところにも気づける」そのクオリティーを絶賛していた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『ウルフウォーカー』は10月30日より恵比寿ガーデンシネマほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]