綾野剛&北川景子、お互いを支え合う名バディに!『ドクター・デスの遺産』場面カット

綾野剛と北川景子
綾野剛と北川景子 - (C) 2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会

 綾野剛北川景子が共演する映画『ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-』(11月13日公開)から、綾野演じる犬養と北川ふんする高千穂の名バディっぷりが垣間見える場面カットが公開された。

【動画】『ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-』予告編

 人気作家・中山七里によるクライム・サスペンス小説を実写映画化した本作は、警視庁捜査一課No.1コンビである破天荒で直感型の犬養(綾野)と、冷静で分析型の高千穂(北川)の2人が、時に衝突しながらも連続殺人犯・ドクター・デスと攻防戦を繰り広げる。

[PR]

 犬養は、火葬場で焼かれる直前の遺体を鑑識に回し、乱暴にドアを蹴破り、取り調べ室で怒号を飛ばす姿を見せるなど型破り。一方の高千穂は、そんな犬養を隣で見守り、時には叱咤しながらも犬養を受け入れる。凸凹でありながらもお互いの存在を支え合う、そんな2人の人間味溢れる場面写真が公開された。一日の捜査の終わりにいつも行く居酒屋でのシーンを捉えたカットでは、焼き鳥を頬張る犬養と髪をかきあげほろ酔いの高千穂が写し出されている。

 北川は、居酒屋でのシーンについて「先輩後輩関係ない雰囲気を出したくて、この2人はこんな感じで長年相棒としてやってきたんだなという、2人の歴史が伝わったらいいなと思いました」とコメントを寄せており、その言葉通り2人の信頼関係が垣間見えるカットとなっている。

 綾野は、「高千穂といるときはまんまでよかったので、敢えて繊細さのある芝居はしていなかった」と大胆な演技をすることができたと語っており、北川も「隣を見ると熱くなりすぎている犬養さんがいるので、自分は冷静でいなくてはと思っていました」と明かしている。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]