赤楚衛二、町田啓太に人生初の壁ドンされ「ドキドキ感もありました」

浅香航大、赤楚衛二、町田啓太、ゆうたろう
浅香航大、赤楚衛二、町田啓太、ゆうたろう - (C) 豊田悠/SQUARE ENIX・「30 歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」製作委員会

 俳優の赤楚衛二が7日、人気BLコミックを実写ドラマ化した木ドラ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(10月8日スタート、毎週木曜深夜1時~1時30分)のリモート記者会見に出席し、人生で初めてされたという壁ドンの感想をはにかみながら語った。会見には、共演の町田啓太浅香航大ゆうたろうも参加した。

【写真】赤楚衛二&町田啓太が演じる原作キャラクター

 赤楚が演じるのは、童貞のまま30歳を迎え、「触れた人の心が読める魔法」を手に入れた冴えないサラリーマン・安達。社内随一のイケメンで仕事もできる同期の黒沢(町田)に触れ、自分への恋心を知ってしまうことから淡い恋模様が展開する。

[PR]

 赤楚は現在26歳。30歳で童貞、しかも魔法も使えるという役柄に「すごく難易度が高い」とオファーを受けたときを振り返ったが、原作や台本を読み進めていくうちに、人との距離感や心の壁の厚さが丁寧に描かれていることを感じ「すごく主人公に共感ができ、楽しみになった」と前向きに撮影に臨めているそうだ。

 物語のすべてが「見どころ」と話していた赤楚だが「しいて言うなら、壁ドンのシーンは注目してほしい」とはにかむ。赤楚にとって人生初めての壁ドン“される側”だと言うと「男性に壁ドンされるって結構圧があって怖いんだなと思う一方で、ドキドキ感もありました。女子はこんな感覚なのかなと思いました」と初体験を楽しんだ模様だ。

 恋の相手役となる町田に対しては「(役柄の)黒沢同様、周囲への気遣いや優しさ、物事への真摯な態度など完璧な方」と印象を述べると、撮影中の格好いいエピソードを聞かれても「町田さんは格好良くない日がない」とべた褒めしていた。

町田啓太 - (C) 豊田悠/SQUARE ENIX・「30 歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」製作委員会

 赤楚の発言に町田は「ただの田舎者ですよ」と謙遜すると「主演の赤楚くんが、いつも穏やかで気配りもうまいので、現場の雰囲気がとてもいいんです」と連続ドラマ単独初主演となる赤楚の座長ぶりを称賛。続けて「知れば知るほどイジりたくなってしまうほど可愛らしいんです」と自身が演じた黒沢同様、赤楚の人間性に惚れてしまっているようだ。

[PR]

 まだ撮影は続いているというが、赤楚は「キャスト、スタッフの方々みなさんが温かくて優しい。そこから生まれた温かさはきっと作品にも反映されていると思います。人が人を思う気持ちの尊さを楽しんでほしいです」と作品をアピールしていた。(磯部正和)

木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」はテレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知にて10月8日から毎週木曜深夜1時~1時30分放送
BSテレ東、BSテレ東4Kにて10月13日から毎週火曜深夜0時~0時30分放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]