香取慎吾、5年ぶり民放連ドラ主演 SNS誹謗中傷問題描くサスペンスで刑事役

香取慎吾
香取慎吾

 香取慎吾が、テレビ東京系で2021年1月クールに放送される「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(毎週月曜夜10時~)で5年ぶりに民放連続ドラマの主演を務めることが1日、明らかになった。SNSでの誹謗中傷をテーマにしたサスペンスで、香取が演じるのはキーボードによる殺人=指殺人に苦しむ人々の事件を解決に導く刑事。テレビ東京のドラマ出演は33年ぶりとなり、香取は「5年ぶりの民放ドラマ、33年ぶりのテレビ東京でのドラマ。小学生だった僕が電車でテレビ東京に通っていた時の緊張感が蘇ります。2021年の幕開けに、僕を必要としてくれたスタッフの皆様の思いと共に、テレビで、テレビ東京で、今の香取慎吾の全力を視聴者の皆様にお届け出来るように頑張ります。初めてテレビに出させてもらった時の喜びを思い出しながら!」と心境を明かしている。

【写真】香取がドン底に落ちた男役…濱谷Pも魅了された『凪待ち』

 本作は、ドラマ「バイプレイヤーズ」や「40万キロかなたの恋」などを手掛けてきた濱谷晃一プロデューサーのオリジナル企画で、テレビ東京の月曜よる10時枠の社内企画募集で300通を超える応募の中から選ばれた。“アノニマス”とは“匿名”を意味する言葉。物語の舞台は、インターネットの誹謗中傷や炎上から起きる事件に対応するため警視庁に新設された“指殺人対策室”。香取演じる、ある事件をきっかけに捜査一課の第一線から外された一匹狼の刑事・万丞渉(ばんじょう・わたる)が、クセの強いメンバーとともに顔の見えない犯罪者と対峙していく。

[PR]

 香取にとって、民放連続ドラマの主演は2016年1月クール放送の「家族ノカタチ」(TBS系)以来。テレビ東京のドラマ出演は1988年の「あぶない少年III」以来となる。

 日本ではTwitter利用者の匿名比率が7割と他国に比べて顕著に高く(平成26年版情報通信白書より)、インターネットの誹謗中傷や炎上などが社会問題に。TwitterやInstagramなど自身もSNSを活用している香取は、「僕がSNSを始めて3年が経ちました。僕はSNSに助けられています。応援してくれているみなさんの言葉に、いつも笑顔をもらっています。でも、始める前に思っていたSNSへの怖さも忘れてはいません。SNSと生きる今。このドラマ『アノニマス』がSNSの闇だけではなく、その先の光も描いてくれたらと思っています」とコメントしている。

 脚本をドラマ「SUITS/スーツ」「家政夫のミタゾノ」シリーズなどの小峯裕之ら、監督をドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」や「刑事7人」シリーズなどの及川拓郎らが務める。濱谷プロデューサーのコメントは下記の通り。(編集部・石井百合子)

<濱谷晃一プロデューサーコメント>
 SNSの誹謗中傷問題に苦しむ人がたくさんいます。言われる方に問題がある、嫌なら見なければいい、という声もよく耳にします。そして、個々の正義感に基づき、社会の不祥事や不道徳を正そうと義憤に駆られている人もいます。普段、感じるこのモヤモヤをドラマにして描きたいと思いました。コンセプトは『もしも、SNSの誹謗中傷問題を専門に捜査する部署が新設されたら?』。正解はないかもしれませんが、香取さん演じる主人公の万丞渉と一緒に、模索していけたらと思います。香取さんとのお仕事は約10年前に『ピラメキーノ』でピラメキ体操を踊ってもらって以来ですが、主演映画『凪待ち』も拝見し、俳優としてより魅力的になっていると実感しました。民放5年ぶり、テレ東33年ぶりのドラマ出演だそうです。今の香取さんの魅力が光り、視聴者の皆さんにも満足して頂けるドラマになるよう、精いっぱい頑張ります!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]