北村匠海『とんかつDJアゲ太郎』初日に嬉しさと恐怖 複雑な胸の内を吐露

複雑な胸の内を語った主演の北村匠海
複雑な胸の内を語った主演の北村匠海

 俳優の北村匠海が30日、都内で行われた映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつに登壇し、無事映画が公開できたことの嬉しさを表現する一方「フラットに映画を観てくれる人がどれぐらいいるのだろうか」と本日舞台に立つことへの恐怖を明かした。

山本舞香、浅香航大らも登壇【イベント写真】

 本作は、渋谷の老舗とんかつ屋の三代目跡取り息子が、とんかつもフロアもアゲられる“とんかつDJアゲ太郎”になるべく奮闘する姿を描いたコメディー映画。イベントには山本舞香浅香航大池間夏海二宮健監督も出席した。

[PR]

 この日の舞台あいさつにも当初登壇予定だった出演者の伊藤健太郎が、道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで警視庁に逮捕され登壇キャンセルになるという状況。北村は直接的には言及しなかったが、神妙な面持ちで「この映画をフラットな気持ちで観てくれる人がどれぐらいいるのだろうと不安な気持ちでした」と語ると「正直、今日ここに立つことが怖かったです」と言葉に詰まりながらも心情を吐露した。

 しかし北村は、本作が明るいコメディーでサクセスストーリーであることに触れると笑顔を取り戻し、「クランクアップは僕一人ではできませんでした。みんなに支えられてアゲ太郎を演じることができました。この映画を一緒に作った人たちに支えられて今日、ここに立つことができました」と胸を張った。

 コメディー作品である本作で「人を笑わせることってすごく難しいんだな」と実感したという北村は、「北村はやれる」と自己暗示をかけて現場に臨んだという。奮闘する北村に対して、浅香は「たっくん(北村)は、撮影だけでなく音楽活動もやっていて、ものすごく忙しいのに、過密スケジュールのなか、高いテンションをキープしている姿を尊敬していました」と称賛していた。

 北村は、アゲ太郎を筆頭に個性豊かなキャラクターが面白おかしく作品を盛り上げる「楽しい映画」であることをアピールすると、最後に「今日の朝、番組を欠席してしまいご迷惑をおかけしました」と謝罪。続けて「心の底から、今日この場に立てたことが嬉しいです。僕は決して可哀そうな奴ではなく、人に恵まれた幸せものです」と笑顔を見せていた。(磯部正和)

映画『とんかつDJアゲ太郎』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]