伊藤沙莉、主演映画で体当たり演技「監督が常に寄り添ってくれた」

デリヘル嬢のお世話係を体当たりで演じた伊藤沙莉
デリヘル嬢のお世話係を体当たりで演じた伊藤沙莉

 女優の伊藤沙莉が14日、都内で行われた主演映画『タイトル、拒絶』(公開中)の劇場公開記念舞台あいさつに出席し、体当たりで挑んだ本作の撮影を振り返った。この日は、恒松祐里山田佳奈監督も登壇した。

【画像】伊藤沙莉、満席の客席に感激!

 『タイトル、拒絶』 は、新進気鋭の山田監督が2013年に自ら手掛けた同名舞台を映画化したヒューマンドラマ。それぞれに事情を抱えながらも、力強く生きようとするデリヘルの女性たちの姿を描く。

[PR]

 伊藤は、満員の客席を見回すと「こんなぎっちり入っているなんて……」と感慨深げ。「このご時世、ここまで入ることはなかなかない。グッとくるものがありますね。2年前に撮影して、その後いろんなことがあって、このタイミングで上映することができて、本当に嬉しいです」と笑顔でコメント。山田監督とのタッグについても「ハテナのない現場。何をしていいかわからず、立ったままになることがなかった。山田監督が常に寄り添ってくれていて心強かった」と感想を述べた。

 伊藤が演じた主人公・カノウは、デリヘル嬢のお世話係。以前体験入店で店に来たものの、いざという時に怖気づいて逃げ出した過去を持っている。店長との殴り合いなど、体を張って演技に臨んだ伊藤は「台本を読んでめちゃくちゃ面白かったし、何よりかっこいいなって。いろんなことが詰まっていて、読み進むうちにやりたい(演じたい)という気持ちが一気に沸いた」と振り返り、「いろんな角度の視点で楽しめる作品。みんなが輝いている群像劇でもある。こんな時代だからこそ、共感してもらえる部分も多いのではと思います。たくさんの方々に広まっていってほしい」と強く呼びかけた。

 恒松は、癖の強いデリヘル嬢を熱演。「楽しかったです。山田さん(とのタッグ)は今回初めて。こういうテーマだし、女性監督の方が共通理解もあって相談しやすかったです。心強かったです」と笑顔を見せる。心に傷を負いながらも、ひたむきに生きる女性を演じ切った恒松は「その役をオファーされるということは、そういう役を演じれるということを信じてもらったからこそ。自信もつきました」と手応えもあったという。

 主演の伊藤とは本作が初共演だった恒松は、「ずっと共演したかった。会えそうで会えない距離にいて、今回嬉しかった。一緒に撮影して人間的にも好きだなって思いました」と述懐。伊藤も嬉しそうな表情で、「(他の作品でなく)この作品で初共演できたことがとても嬉しい。この後、違う作品でも共演したけど、全く違った雰囲気で、刺激的で素敵な女優さんだなって改めて思いました」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]