生田斗真、吉瀬美智子と凸凹夫婦役 1月期「書けないッ!?」でテレ朝ドラマ初主演

生田斗真と吉瀬美智子が凸凹夫婦役!
生田斗真と吉瀬美智子が凸凹夫婦役! - (C) テレビ朝日

 俳優の生田斗真が、来年1月期放送のドラマ「書けないッ!?」(テレビ朝日系・毎週土曜よる11時30分~深夜0時)で主演を務めることが12日、同局より発表された。テレビ朝日の土曜夜帯に新設されるドラマ枠「オシドラサタデー」の第1弾作品で、同局の連続ドラマ初主演となる生田は、女優の吉瀬美智子と凸凹夫婦役に挑戦。「まさか今回、夫婦の役で共演できるとは想像もしていなかったので、すごく楽しみですね。観てくださる男性からうらやましがられる役だと思います(笑)」とコメントしている。

【画像】ムキムキ!生田斗真の肉体美

 「オシドラサタデー」は、週末の夜に視聴しやすい“ちょっと短め”の上質なドラマコンテンツを、自由自在に様々なコンテンツを楽しむ“エンタメボーダレス”な視聴者層に提供する30分のドラマ枠。第1弾作品となる「書けないッ!?」は、生田演じる脚本家兼主夫の主人公と、吉瀬ふんするベストセラー小説家の妻が織りなすホームコメディーで、「HERO」「ガリレオ」シリーズなどで知られるヒットメーカー・福田靖が脚本を執筆する。

[PR]

 主人公の吉丸圭佑(よしまる・けいすけ/生田)は、幼少期からテレビドラマ好きで脚本家を志すが、コンクールでは落選ばかり。32歳の時に念願の受賞を果たすものの、仕事はほぼゼロで、「香坂りり子」のペンネームで活動する妻でベストセラー作家の吉丸奈美(よしまる・なみ/吉瀬)に代わり、子供の世話や家事を担当していた。そんなある日、ひょんなことからゴールデンタイム枠で放送される連続ドラマの脚本執筆という千載一遇のチャンスが舞い込み、圭佑はクセの強いドラマ関係者などに振り回されながら、執筆活動や家事に全力を注いでいく。

 生田と吉瀬は、2008年放送のTBS系ドラマ「魔王」で共演経験がある。生田は「吉瀬さんとは2008年に共演したんですが、その時は“僕の兄の奥さん”という役だったんです」と当時を振り返り、「久しぶりにお会いしましたが、あんなにキレイな方なのにすごくフランクで、かわいらしい部分も混在しているという吉瀬さんの魅力は全然変わっていないし、改めて今回の奈美という役にも共通する部分だな、と感じました」と再共演の心境を告白。ヒットメーカーの福田が脚本を執筆する本作について、「福田さんが脚本を書かれたドラマは、これまでにもたくさん観てきましたが、今回は福田さんらしさがありつつもほっこりできる、そんな作品です」と表現している。

[PR]

 吉瀬も「斗真くんは2008年に共演した時と全然変わっていないですね」と切り出し、「あの時は確か23歳くらいですごく若かったんですけど、当時からかっこつける感じでもなくスマートに紳士的な振る舞いができてしまう人、という印象でした。気軽にお話してくださるので楽しいし、周りの人をすっと自然にチームの一員にしてくれるので、すごく居心地がいいんですよね。今回、夫婦の役でご一緒できてうれしいです」と生田との再会を喜んでいる。

 脚本家の福田は、「デビューして5年目、売れない脚本家だった僕に、突然ゴールデンタイムのドラマの仕事が舞い込みました。あれが僕の脚本家人生の分岐点。『書けないッ』と悶え苦しみながら頑張った怒涛の数か月。あの時の僕は、まさに『吉丸圭佑』でした。自分と重ねながら脚本家を主人公にしたドラマを書くのは、これが最初で最後です」とコメント。「そんな特別なドラマを生田斗真さんに託せるなんて! 生田さんなら間違いなく、モデルになった脚本家よりも100倍情けなく、100倍愛らしく演じてくださることでしょう。さらにさらに圭佑の妻・奈美を演じてくださるのが吉瀬美智子さん! いつか一緒に仕事をさせていただきたいと願っていました俳優さんたちばかりで、僕はもう楽しみしかありません!」と期待を寄せている。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]