仲野太賀、父親演じた主演映画に「正直、自信作です」

『泣く子はいねぇが』で夫婦を演じた吉岡里帆と仲野太賀
『泣く子はいねぇが』で夫婦を演じた吉岡里帆と仲野太賀

 仲野太賀が11日、新宿ピカデリーで行われた主演映画『泣く子はいねぇが』の舞台あいさつ付き特別上映会に来場し、「今の僕にできる最大限の等身大の姿を演じたつもりです。正直、自信作です」と胸を張った。この日は共演者の吉岡里帆寛 一 郎、監督の佐藤快磨も登壇した。

仲野太賀&吉岡里帆、可愛すぎる幼少期の写真を披露!イベントの様子【動画】

 本作は、秋田・男鹿半島の伝統行事なまはげを題材に、いつまでも大人になりきれない若者たちが迷いながら成長していく過程を描く物語。仲野は娘が生まれたのに父親の自覚を持てないたすく、吉岡はその妻のことねを演じている。

[PR]

 たすく役を務めた仲野は「台本を読んで、監督の深い眼差しを感じました。何よりもラストシーンが強烈でした。たすくに共感しながら、今の僕にできる最大限の等身大の姿を演じたつもりです。正直、自信作です」ときっぱり。一方の吉岡は「台本から圧倒的な力を感じました。大事な役割を背負わせてもらったので、監督を信じて仲野さんについていこうと思いました。母親になることの苦しさや大変さを実感しました」としみじみと口にした。

 続けて仲野は「自分の俳優人生を続けていくなかで、自分の覚悟が決まった作品といえます。監督やスタッフと出会えた幸福と奇跡に満ちあふれた作品です。完成品を観て、力強いものが出来上がった喜びでいっぱいです」と作品について語った。

 脚本と編集も担当した佐藤監督は、今作が劇場デビュー作となる。客席に詰め掛けた多数のお客さんに緊張しながら、佐藤監督は「この時期に公開されることは奇跡的。企画から4年から5年という長い時間をかけて、信頼できる心強いキャストたちと丁寧に作り上げました。芯の強い作品に仕上がりました」と感慨深げに語った。(福住佐知子)

映画『泣く子はいねぇが』は11月20日より公開

仲野太賀&吉岡里帆、可愛すぎる幼少期の写真を披露!映画『泣く子はいねぇが』公開直前舞台あいさつ » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]