吉沢亮、新作映画で増量!AI将棋描く『AWAKE』で独自の役作り

『AWAKE』より
『AWAKE』より - (C)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ

 俳優の吉沢亮が、実話に着想を得た新作映画『AWAKE』(12月25日公開)でAI将棋に挑む主人公を演じるにあたり、増量のうえ役作りに取り組んだことが15日、明らかになった。新たに公開された場面写真では、吉沢演じる、猫背でメガネ姿の主人公が眼孔を開いた印象的なカットも見られる。

【写真】吉沢亮、増量の『AWAKE』新場面写真

 本作は、2015年にネットユーザーや将棋ファンの間で物議を醸した棋士VSコンピュータの対局に着想を得て、40歳の俊英・山田篤宏監督が書き下ろしたオリジナルストーリー。天才に敗れ棋士になる夢をあきらめた主人公・英一(吉沢)が冴えない大学生活を送っていたある日、ふとしたことで出会ったAI将棋のプログラミングに新たな夢を見出し、かつてのライバルと再戦を果たす。

[PR]

 現在、北村匠海小松菜奈と3兄弟を演じた『さくら』が公開中、来年放送の大河「青天を衝け」では新一万円札の顔としても注目される渋沢栄一役として主演を務める吉沢。本作では、きらびやかなパブリックイメージとは打って変わって、敗北から這い上がるオタク気質の青年にふんする。山田監督が撮影前に吉沢に伝えたのは「パーカーを着てほしい」というオーダーのみ。吉沢は髪型から猫背の姿勢、夢中になると眼孔を開く癖、歩き方まで独自に考案し、体形を緩くするために増量も行い、キャラクターを作り上げた。

 そんな吉沢に、山田監督は「撮影中は吉沢くんがカッコいいってことをすっかり忘れていました」と見事な化けっぷりに賛辞を送っている。

 新場面写真には、奨励会で棋士を目指していた英一(吉沢)がその進退をかけてライバルである陸(若葉竜也)と対局する姿や、棋士の道をあきらめた英一が大学の人工知能研究会で磯野(落合モトキ)と将棋ソフトの開発に打ち込む姿などが切り取られている。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]