Snow Man「ひらりと桜」の場面カット!『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』振付・五関晃一のコメントも

衣装も舞っているような美しさ
衣装も舞っているような美しさ - (C) 2020「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」製作委員会

 舞台「滝沢歌舞伎 ZERO」初の映画化となる『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』(12月4日公開)から、舞台に続き振付担当のA.B.C-Z五関晃一が、Snow Man の魅力について語ったコメントと、五関が振付を担当した「ひらりと桜」の場面写真が公開された。

『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』SP予告編

 故・ジャニー喜多川氏が企画・構成・総合演出を務め、2006年から上演されてきた舞台「滝沢歌舞伎」は、昨年「滝沢歌舞伎ZERO」として滝沢秀明が演出、Snow Man 主演で新たなステップを登った。滝沢が監督を務める本作は、舞台と映画を融合させたエンターテインメント作品となる。五関は、2006年、2007年と自身もA.B.C.のメンバーとして「滝沢演舞城」に出演し、2010年にはA.B.C-Zとして「滝沢歌舞伎」に出演。「滝沢歌舞伎ZERO」では、全体的な振付を担当した。

[PR]

 舞台上、そして舞台の外からもSnow Manを見てきた五関は「すごく器用で、なんでもできて、覚えも早い。デビュー前からここ数年でひとりひとりの個性が際立ってきて、見ている人を圧倒するようなパワーもついてきましたね。振付で滝沢歌舞伎に参加させていただいて、客観的に Snow Man を見るようになってからより、すごいパワーや迫力を持っている子たちだなって思うようになったんです。自分たちの個性とかやりたい動き、表情とか、その一つひとつに自信を持てるようになったんじゃないかなって思いましたね」と彼らの魅力を明かす。

五関晃一 - (C) 2020「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」製作委員会

 さらに、「五関にとって滝沢歌舞伎とは?」という問いに対し、「僕たちは日本に住んでいながら文化や言葉など知らないことが結構多いと思います。これは、そうした一つひとつの日本の伝統や文化を知りたい、覚えたいと思える一歩になるような作品だと思います。僕にとって、滝沢歌舞伎は日本そのもの」と回答していたという。

 12月4日の公開に先駆け新橋演舞場、南座、御園座3劇場の62回の特別上映が実施され、鑑賞チケットは即日完売。10月2日販売開始となった映画前売券(ムビチケ)も全国の上映映画館や通販サイトでは発売当日に完売が続出し、急きょ再販が決定している人気ぶりだ。(編集部・梅山富美子)

『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』スペシャル予告篇 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]