岩田剛典&新田真剣佑共演の衝撃作、怒濤の予告編 須田景凪の主題歌初公開!

ポスタービジュアル
ポスタービジュアル - (C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

 岩田剛典新田真剣佑初共演の映画『名も無き世界のエンドロール』(2021年1月29日公開)の予告編で、シンガーソングライター・須田景凪(すだ・けいな)の書き下ろしによる主題歌「ゆるる」の音源が初公開された。裏社会に足を踏み入れる主人公・キダを演じる岩田は「キダの気持ちを代弁してくれている歌詞」と評している。

【動画】須田景凪の主題歌入り『名も無き世界のエンドロール』予告編

 本作は、2012年「小説すばる新人賞」を受賞した行成薫の同名小説を、『ストロベリーナイト』シリーズや現在放送中の日曜劇場「危険なビーナス」などの佐藤祐市監督が映画化するサスペンス。強い絆で結ばれた幼馴染のキダとマコト(新田)が、10年もの歳月をかけてある計画を実行していくさまを追う。物語のカギを握る2人のヒロインに山田杏奈中村アンがふんするほか、石丸謙二郎大友康平柄本明らが脇を固める。

[PR]

 予告映像では、肩を寄せ合って生きてきた幼馴染のキダ、マコト、ヨッチ(山田)の青春時代からスタート。やがて映像のトーンは一変し、キダは裏社会で交渉人となりマコトは表社会でのしあがり会社経営者に。2人の目的は、マコトが政治家令嬢でモデルのリサ(中村)にふさわしい男になり、彼女にプロポーズすること。終盤、マコトとリサが揉み合いリサが「頭おかしいんじゃないの!」と叫ぶシーン、涙を浮かべるマコト、マコトの名前を呼びながらドアをたたくキダの姿などが矢継ぎ早に映し出される怒濤の展開となっている。

 岩田は、本作を「一言では言い表せないような、切なさと、幼なじみ同士の強い友情に感動しました。とにかく面白かったので、ストーリーが分かった上で見ても細かい演出が鮮やかで見事だったので、何度観に行っていただいても見応えのある、素晴らしい作品ができたと思います」と自信をもって紹介。クライマックスの怒濤の展開について「この作品はラスト20分の真実、というのがひとつのキーワードになっている作品でもあるので、そのラストシーンを楽しんでいただくために、それまでのシーンが全て積み重なっている、そういうストーリー展開になっています。ラストシーンは自分自身でも思い出深くて、撮影前の緊張感や、自分だけでなく、皆でいいシーンに仕上げようという現場の緊張感が、ストーリーの緊張感ともマッチした撮影になったので、ぜひ劇場で体感してほしいと思います」と語っている。

[PR]

 また、主題歌「ゆるる」について「この作品は観る人によって色々な感じ方があるのかなと思っているのですが、見終わった直後は、なかなか気持ちが消化できないと思いますが、エンドロールで流れる主題歌を聞いて、冒頭からのシーンを全部思い返して、色々と自分の中で整理した後に、劇場を出て、友達とご飯を食べたりお茶を飲んだりしながら、『名も無き』のアフタートークで盛り上がってもらいたいと思います。何度でも劇場で見てほしいです」とコメントしている。(編集部・石井百合子)

表と裏…岩田剛典&新田真剣佑初共演『名も無き世界のエンドロール』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]