「チェリまほ」赤楚衛二&町田啓太の魅力とは?プロデューサー明かす

最高のキャスティング
最高のキャスティング - (C) 豊田悠/SQUARE ENIX・「30 歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」製作委員会 (C) Yuu Toyota/SQUARE ENIX

 人気BLコミックを実写ドラマ化した「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(テレビ東京ほか、毎週木曜深夜1時~放送)の本間かなみプロデューサーが、主人公・安達役の赤楚衛二と黒沢役の町田啓太の魅力について語った。

赤楚衛二、萌え袖がカワイイ!【フォトギャラリー】

 本作は、童貞のまま30歳を迎え、“触れた人の心が読める魔法”が使えるようになった冴えないサラリーマン・安達(赤楚)と、イケメンで仕事もできる同期・黒沢(町田)による恋愛を描く作品。恋愛経験がない安達は、黒沢が自分に好意を寄せていると知り、「自分なんて」とマイナス思考だった気持ちに変化が生まれていく。

[PR]

 特撮ドラマ「仮面ライダービルド」万丈龍我/仮面ライダークローズ役で注目を浴び、本作で連続ドラマ単独初主演を務める赤楚について、本間プロデューサーは、「生っぽくて一方通行ではないお芝居」が魅力だと明かす。「お芝居なのに、その瞬間に初めて相手の言葉・思いを受け取ったようなみずみずしさと生っぽさがあります。安達からにじみ出る純なひたむきさは、見る人の心を打ちますが、それは、お芝居を超えて赤楚さんにしか出せないもの」と絶賛した。

 一方、劇団EXILEのメンバーで、公開中の映画『きみの瞳が問いかけている』にも出演している町田の魅力を「繊細なお芝居と、瞳の訴えかける力」と語り、「言葉を発さずとも、佇んでいる姿と瞳で黒沢の思いを物語っているような表現力、惹き込む力が生身の黒沢としての説得力に繋がっている」と分析する。

 「黒沢は感情をどこまで表に出すかというのが難しい役ですが、ふとしたときの表情や仕草、目線や声色など、町田さんだからこそのお芝居が光っている」と感じたそう。また、役に対するバランス感覚・勘がとても鋭く、「アドリブやさりげない動きなど、台本の余白を生きたものにするお芝居が、制作側の役への解釈を超えてくることがあって、いつも驚かされます」と表現力の高さをベタ褒めした。

[PR]

 また、SNS上では、赤楚と町田の相性の良さについて言及する人も多く、本間プロデューサーも、「お2人ではかったら、いまの安達と黒沢はいないので、お2人が引き受けてくださったことから始まり、本当に感謝しています」と改めてその思いを述べる。

 ドラマは中盤に差し掛かり、19日に第7話を迎えるが、「最終回を迎えたくない」といった声がSNS上で多数見受けられる。今後の続編の可能性については、「嬉しいお言葉をいただいて、ありがたいです。わたしも終わりたくないなという思いはありますが、そのためにはいろいろと残さなくてはいけないものや、乗り越えなくてはいけないものがあるので。いまはまず目の前の放送をみなさんに受け取っていただけるように、より一層盛り上げていけるように頑張ります」と答えた。

 さらに、SNS上には、本作についてタイ語や韓国語、中国語などのコメントも多数投稿され、国内外で「チェリまほ」旋風が起こっている。タイ・フィリピン・ベトナムで視聴できるWeTVでの配信も決定し、今後の海外展開も気になるところだが、「海外の方々の反響は思ってもみないことでした。いろんな外国語で温かいコメントをいただけることになって、“海外展開”なんてスケールの大きいことを想像できること自体驚いていますが、たくさんの人の思いがつまった作品なので、広げていけるなら広げていきたいです」とコメントしていた。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]