綾野剛、岡田健史とのボーイズラブを熱望

 俳優の綾野剛岡田健史が22日、都内で行われた映画『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』大ヒット御礼舞台あいさつに登壇。ドラマ「MIU404」でも共演した二人は終始、ラブラブモードで、互いの印象や再々タッグの夢などを熱く語り合った。

【写真】ラブラブ!見つめ合う二人

 本作は、「さよならドビュッシー」などで知られる作家・中山七里の小説を『神様のカルテ』の深川栄洋監督が映画化したクライムサスペンス。連続不審死事件を追う犬養隼人(綾野)と高千穂明日香(北川景子)の刑事コンビと、犯人の攻防を描く。

[PR]

 新米刑事・沢田圭役の岡田と本作のイベントで初めて同じステージに立った綾野は「(岡田のことが)すごく好きなので、今日はワチャワチャしたところを皆さんに公開するだけの会になってしまいそう」と照れ笑い。岡田も「ワチャワチャ、イチャイチャ」を望んでおり、綾野は思わず「可愛いか!」とツッコミ。さらに、楽屋では岡田の「ラブビーム」を感じていたことを明かすなど、のっけからラブモード全開だ。

綾野剛、岡田健史

 互いの印象を問われると、岡田は「(撮影)初日から、逆の立場ならウザいな……というくらい(芝居について)聞きまくっていたけど、1を聞いたら10にも100にもして、もういいです……というくらいの情報量(を伝えてくれました)。こんな人はなかなかいないです」と感謝し、「真摯に向き合ってくれる役者さんと出会えたことはうれしいです」と喜んだ。

 綾野にとって岡田は「景子ちゃんが表のヒロインなら裏のヒロイン」だそうで、「チャーミング。今、カッコよさで戦っていかなければいけない気概の中に可愛らしさが隠しきれていない」と目じりを下げた綾野。また、役者としての成長を望み、自身の経験や芝居のいろはなどを教えている時の「どんどん目が開いて、頭がパンクしてポカンとしている姿」に「快感を得ている。ただのSになっちゃってる」とも告白して会場の笑いを誘いつつ、「カッコいいところから逸脱して、熱さも持っている男なので、どんどん見ていきたい」と将来に期待を寄せた。

[PR]

 再々タッグについて質問が飛ぶと、岡田は「徹底的に敵対する役。どれだけ僕のラブラブが消せるかっていう、僕の役者としてやるべきスキル」と意気込み。綾野は「とりあえずBL(ボーイズラブ)は(候補に)入れとくわ」とぶっちゃけて観客から拍手をもらうと、「重たいものから軽やかなものまでやっていきたい。兄弟とか、出会うべくして出会う役とか、胸ぐらをつかみ合ったり……」といろいろな役設定を想像した。しかし、やはりBLを熱望しているようで「『ラブ』っていうタイトルでなんかやる?」と提案すると、岡田は「ラブストーリーですね」とノリノリ。ファンの期待が高まる中、綾野は「(どうなるかはわからないが)楽しみにしていてください。彼とは(今後も)共演したいと思っています」と呼び掛けていた。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]