白濱亜嵐、天然ぶり炸裂!メンバー考案のキャッチコピーをうろ覚え

天然ぶりで会場を沸かせた白濱亜嵐
天然ぶりで会場を沸かせた白濱亜嵐

 白濱亜嵐(EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBE)が27日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画『10万分の1』の初日舞台あいさつに出席し、メンバーの小森隼が考えてくれたという本作のキャッチコピーをうろ覚えのまま発表するという天然ぶりを発揮した。この日は共演者の平祐奈優希美青白洲迅奥田瑛二、そして三木康一郎監督も出席した。

【動画】白濱亜嵐&平祐奈らが登場!『10万分の1』初日舞台あいさつ【トークノーカット】

 宮坂香帆の同名コミックを実写映画化した本作は、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した女子高校生の莉乃(平)と、剣道部に所属する蓮(白濱)が苦難に立ち向かうさまを描くラブストーリー。初日を迎えたこの日、大勢の観客で埋まった客席を見渡した白濱は「映画を撮影したのが2年くらい前で、ついに公開できたなという気持ちです。こういう状況ですが、皆さんの顔を見ながら舞台あいさつができて、本当にうれしいです」と感激の表情を見せた。

[PR]

 白濱と平が「普段からみんな仲良くしていました」と語るように、和気あいあいとした様子の登壇者たち。三木監督は衣装合わせの際に、白濱に「肌がきれいだから高校生役がいけるね」と呼びかけたという。その時のことを「監督に初めて会った時に『俺の幸せな話と不幸せな話、どっちが聞きたい』と言われたんです」と楽しげに振り返った白濱。また、平が「監督から大きくなったねと言われました」と述懐すると、三木監督は「中学生の時に会ったので、そう思ったんです」と返すなど、終始ほのぼのムードでトークが行われた。

 莉乃のたった一人の家族である祖父を演じた奥田は「二人もそれぞれの役になっていましたから、映画のテーマをちゃんと理解して自分のものにして参加していました。優秀な俳優陣ということになるんじゃないかと思います」と若手のキャストたちを称賛。その言葉に4人も「ありがとうございます!」と背筋を伸ばしていた。

 最後にメッセージを求められた白濱は「この映画は胸キュンな恋愛模様が軸ですが、ALSについても描いています。でも、それを莉乃と蓮は悲劇だと思わずに一歩を進む勇気がある。映画がたくさんの人に広がればいいなと思います」とコメント。すると、ふと何かを思いだしたように「僕のグループのメンバーが試写会で映画を観て、号泣していて。特に小森(隼)が泣いていたのですが、彼がキャッチコピーを考えてくれたんです。それをここで発表します」と宣言。

 そして、記憶をたどるように「キュンとぴえんが入り交じる……人との距離がある今だからこそ……誰かのためを思って……」と発表するも、正確な文言は覚えていなかったようで「……だいたいそんな感じでした」とニッコリ。そんな天然ぶりを発揮する白濱の姿に会場は大いに盛り上がった。(取材・文:壬生智裕)

映画『10万分の1』は全国公開中

白濱亜嵐・平祐奈らが登場!『10万分の1』初日舞台あいさつ【トークノーカット】 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]