花澤香菜&堀内賢雄『ワンダーウーマン 1984』吹き替え版に参戦!

『ワンダーウーマン 1984』吹き替え声優を務める花澤香菜、甲斐田裕子、堀内賢雄、小野大輔
『ワンダーウーマン 1984』吹き替え声優を務める花澤香菜、甲斐田裕子、堀内賢雄、小野大輔 - (c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics

 人気声優の花澤香菜堀内賢雄が、12月18日から公開されるガル・ガドット主演のDC映画『ワンダーウーマン 1984』で、日本語吹替え版声優を務めることが明らかになった。

まさにワンダーウーマン!美しきガル・ガドット【写真】

 本作は、1984年を舞台に、ガル・ガドット演じる最強の戦士ワンダーウーマンが、人類を破滅へと導く陰謀に立ち向かうアクション大作。日本語吹き替え版では、ワンダーウーマンことダイアナ役を甲斐田裕子が、彼女と共に戦う元空軍パイロット、スティーブ・トレバー(クリス・パイン)役を小野大輔が担当する。

[PR]

 大ヒットアニメ「鬼滅の刃」「PSYCHO-PASS サイコパス」など数々の話題作で活躍する花澤は、戦士としての訓練を積んでいたころの幼いダイアナ役を担当。本作について「大好きなワンダーウーマンに関わることができて、本当に幸せでした。冒頭からアクション満載で、少女ダイアナの動きが大人顔負けなので、是非、楽しみにしていただきたいです」と語っている。

 また、ベテラン声優として一線で活躍する堀内が演じるのは、地球を崩壊へと導く禁断の力を手に入れ、ワンダーウーマンを苦しめる謎の悪役マックス。パワーだけでは推し量れないその脅威について「マックスは最強の力を持つ傲慢さが溢れる野心家です。そんなマックスの心境を繊細に演じました。見どころ満載の本作ですが、私としてはラストのワンダーウーマンとマックスの対決に注目していただきたいです。あのシーンは鳥肌ものです」と期待をあおる。

 前作から続投する甲斐田は「ゴールドアーマーを着た最強戦士ワンダーウーマンのアクションのカッコ良さ、そしてたった一人で人類滅亡の危機に立ち向かおうとする勇姿にご期待下さい」と自信のコメント。さらにスティーブ役の小野も「思わず見惚れてしまうワンダーウーマンのアクションがさらにスケールアップしています。そんな中でスティーブも頑張っていますので、ぜひお見逃しなく!」と語っている。(編集部・入倉功一)

映画『ワンダーウーマン 1984』は12月18日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]