吉沢亮は死ぬほど暗い!?キャストからの指摘に困り顔

真相は…? - 吉沢亮
真相は…? - 吉沢亮

 俳優の吉沢亮が8日、都内で行われた主演映画『AWAKE』(12月25日公開)の完成報告会見に共演の若葉竜也落合モトキ、監督の山田篤宏と出席。主人公のかつてのライバルを演じた若葉から、現場での様子を暴露される一幕があった。

【画像】映画に出てくる将棋指しロボット、会見に登場!

 『AWAKE』は、2015年にネットユーザーや将棋ファンの間で物議を醸した棋士VSコンピュータの対局から着想を得て、『ハッピーエンド』などの山田篤宏監督が脚本を書き下ろした作品。天才に敗れたことで棋士になる夢を諦め、冴えない大学生活を送っていた主人公・英一(吉沢)が、ふとしたことで出会ったAI将棋のプログラミングに新たな夢を見出し、かつてのライバルと再戦を果たす。

[PR]

 本作が出演作品の中でもお気に入りの一本だという吉沢は、「最初に読んだ脚本がすごく面白くて。将棋の話で、ちょっと難しい話になるのではと構えていたら、ド直球のエンターテインメントで、とても爽快感のある青春ストーリーに仕上がっていた。完成されたものも、今までは自分の嫌な部分が見えて冷静に見れなかったのに、今回は単純にすごく面白くて、いい作品に参加できてよかったなって。自分の中では新鮮でした。すごく好きな作品です」と満面の笑みを浮かべる。

 AI将棋に挑む主人公を演じるにあたり、徹底した役づくりに挑んだ吉沢は「撮影前にちょっと太ったり、将棋を指してる時の体の揺れとか、いろいろ工夫したり研究したりして演じました」と回顧。撮影も楽しみながら臨んだそうで、「この映画でほぼほぼ会話といったら磯野(落合ふんする主人公の先輩)が相手。いい空気感の中でやらせてもらえた」と充実感をにじませた。

 一方で、若葉との撮影シーンは少なかったという吉沢。しかも若葉はライバル役。気を使う部分もあったようだ。若葉は「吉沢君には勝手なイメージで、爽やかでスターな感じなのかなって思っていたんですけど、会ってみると死ぬほど暗くて……英一と近いなって」と現場での吉沢の様子を紹介。これに吉沢は「(英一に)近いです。本当は周りに興味あるけど、あまりに暗いし、どう接していいのかわからないから興味ないふりをしているところとか、自分と似ている。ここまで役とフィットするのはあまりなかった」と自分と主人公の性格に重なる部分があると明かした。

[PR]
左から順に若葉竜也、吉沢亮、落合モトキ

 若葉の吉沢評を意外な顔で聞き入っていた落合は、「俺の前では気丈に振舞っていてくれたのかな」とコメント。吉沢とは一緒に飲みに出かけることもあったといい、明るく話すことも多かったとのこと。落合は「吉沢君が連れて行ってくれる店だから、値段設定が想像つかなくて、ATMでしこたま金をおろして……」と吉沢とのエピソードを紹介すると、若葉は「僕は一回も飲みに行っていない。五言くらいしか喋っていない」とうらやましげ。

 さらに若葉は、「吉沢君、ラジオに女優さんと映画の宣伝出ている時は超明るくて。あれもヤバイよね」と女優と話す時は明るかったという吉沢の様子を暴露。これには、吉沢も困り顔で「どっちも本当の自分。どちらかを作っている訳ではなくて」と答えていた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]