本能寺の変を前に…信長役・染谷将太、1年の大河撮影振り返る 泣くシーンでは酸欠状態に

「麒麟がくる」より染谷将太演じる織田信長
「麒麟がくる」より染谷将太演じる織田信長 - (C)NHK

 現在放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」で織田信長を演じる染谷将太が、大一番である「本能寺の変」の撮影を前に、意気込みと1年以上に及んだ撮影を振り返った。

【写真】特殊メイクでまるで別人に!

 2019年3月にメインキャストが発表された際、大きなトピックスの一つとなったのが、織田信長を染谷が演じるというニュース。過去、ドラマや映画で信長を演じてきた俳優は、高橋英樹渡哲也江口洋介舘ひろし反町隆史など体格が良く武骨なイメージが強い。

[PR]

 染谷自身もオファーを受けたとき「なぜ自分なんだ」と半信半疑だったと言い、その理由について「僕は小柄ですし、ドスが利いた男でもないのに……」とやや自虐的に話す。

 それでもプロデューサーや脚本家の池端俊策が目指す「新しい信長像」に惹かれ、「すごく突拍子もないが、これは正真正銘の信長だと感じました。まっとうできるかというプレッシャーはありましたが、演じられることが嬉しいという気持ちが勝った」と快諾した。

 放送がスタートすると、新しい信長像にたちまち視聴者は魅了された。役づくりについて、終始一貫して染谷が意識したのが“ピュアさ”。「ピュアさと邪気は紙一重だなというのは演じていて考えました。信長自身、環境も立場も変わり、力もつけていく。そのなかで彼のピュアな部分はずっと変わらない。でも本来は変わらなければいけない。そこが危うさでもある」と分析する。

 ピュアさの根幹にあるのが、承認欲求。それが最大に満たされるのが、大きな国を手に入れること。戦に勝ち、世を一つにまとめれば、多くの人たちから称賛を得られる。だから信長は戦い続ける。そんな信長を、「ずっと男の子なんです」と染谷は端的に語る。

 長谷川博己演じる明智光秀(明智十兵衛)に対する信長の思いについては「ずっと好きという気持ちが強い」と持論を展開。「帰蝶(川口春奈)と十兵衛はずっと頼りになる存在だと思っている。一定の距離を保ちつつ、常に的確なアドバイスをしてくれて、言われたことをやるとすべてうまくいく。『俺も好きなんだから、お前も当然好きだろ』みたいな(笑)。信長にとっては、十兵衛がどう思っているかはどうでもいいんですよね」

[PR]
麒麟がくる
左から信長、秀吉(佐々木蔵之介)、光秀(長谷川博己)

 これまで信長が光秀を家臣にならないかと誘う場面や、比叡山焼き討ちのとき、光秀が信長の命に逆らい女子供を逃がすなど、光秀が信長に逆らったことはしばしばあった。そんなときでも信長は激高することなく、やや寂しそうな表情を浮かべていた。染谷は「ただただ拗ねていた」というが、そんな心情も徐々に変化していき、その信長の表情が「今後の伏線になっていく」と話す。

 長谷川との芝居を「安心できる」と染谷。長谷川は現場では軸となっていて、常に冷静で大局的な視点で作品を捉えていると感じているという。「見守られているという空気があるので、思い切り暴れることができるんです」と絶大なる信頼を寄せているようだ。

 その一方で「一番緊張する」とも。「今後、十兵衛と対峙するシーンが多くなってきます。二人の関係性をどう表現していくかがとても重要。その意味で、毎回かなり緊張感があります。だからこそ楽しいんですけれどね」

[PR]

 染谷は「こんなに長い時間一つの役に取り組んだことはない。これまで経験したことないような、自分にとっては宝のような濃密な時間です」としみじみ。第31回放送の「逃げよ信長」で、金ヶ崎から撤退を決意するシーンで見せた涙に触れ「泣き始めてから泣き終わるまで一連で撮ったのですが、涙にはいくつもの感情のレイヤーがあって、カットがかかったあと酸欠になって倒れそうになったぐらい。いままで経験したことないような撮影でした」と振り返った。

 クライマックスとなる「本能寺の変」では、「やってみないと分からない部分がある」と撮影前の心境を吐露すると「ある種、最初から最後まで変わらなかった人でありたい」と意気込む。そして「どんな切ない場面になるのか、楽しみにしています」と照れくさそうに語っていた。(取材・文:磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]